スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
松下
カテゴリ: 未分類
今朝も早朝サイクリング。10Kmちょいだけど気分爽快。片瀬漁港まで往復。

で、久々に本読んだ。



松下幸之助本。帯から。

「あくせくせずに悠々と自分の運命に従って進んでいく。その生涯は強く正しく幸福なものである」

運命ってなんだろう。

自分が生れ落ちて、与えられた時間と環境のなかで、自分の能力と熱意を何のために、誰のために捧げるのか。単に自分がいい生活をしたい、楽をしたい、ほしいものを買える様になりたい、うらやましいと思われたい、なんてケツの穴の小さいことを目標にしたら絶対にダメなんだろうな。自分のためだけだと一人分しかパワーがでない。きっと自分以外を目標にしないと、ってことまではやっと身にしみてわかってきてる。

今年は40歳。自分の時間がどれだけ残されているかわからないけど、自分の持っているものを何に捧げるのか考えなきゃ、と改めて思い出させてもらいました。

今日も風は冷たいけど、快晴。よい週末を!

スポンサーサイト
編集 / 2011.01.29 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
初の大相撲観戦
カテゴリ: 未分類
で、土曜日は白鵬の優勝が決まるかもしれない大一番を迎えた14日目に奇跡的に枡席が取れた、と両親から電話あって、長男連れていってきました。

国技館前はいい感じで盛り上がってた。外国人率が異常に高いな。

011-sumo.jpg

驚いたのは入り口の切符切りが高砂親方(元朝潮。朝青龍問題で一躍脚光浴びた時の人)がやってた。お客さん一人ひとりに声かけてすごく感じがいい人だ。この人、天然なんだろうなぁ。。。

で、中に入ると正面ガラス奥に総理大臣杯やら優勝杯がずらりと並んでなかなか圧巻。

012-sumo.jpg

土産物屋を横目に席にむかうと、、、、

014-sumo.png

枡席、せまっ!ここに大人4人はきついな。今回は大人3人、子供1人なのでちょうどいいけど。後ろの席はふたつとも大柄が外国人一家ですごく窮屈そうだった。ニコリともしやがらねぇ。ま、気持ちはわかるよ。きっと早い時間からずっとこの席にいるんだろうな。我が家は15時半くらいの中入り前にはいったのでラクチンだったけど、旅行パッケージでオプションでつけたんだったら高い金出してるし、きっとお昼前から入場してた可能性あるな。お気の毒。

で、地下1階では相撲部屋の本物のチャンコが食べられるということを聞いてさっそく行って見た。場所ごとに担当の部屋がかわるらしいのだが、今回は放駒部屋。いまの理事長ですな。1杯250円とかなり良心的。

016-sumo.png

見た目は味薄そうだけど、豚バラ3枚肉がどっさり入っててかなり濃厚。これ食って、ご飯たらふく食ったらそりゃ身体でかくなるわ。1杯を息子とわけてお腹一杯。

で、ビール2,3本とつまみ買って席に戻って観戦。14日目ということもあって満員御礼。

018-sumo.png

やっぱり、上位力士の相撲はキレイ、うまい、というのが素人目にもよくわかる。身体も一回りデカイ。外国人力士が多いということもあるかもしれないけど。

当日は隠岐の海が2敗で、1敗の白鵬を追っかけてたのだがあっさりと稀勢の里に寄り切りで負け。これで白鵬決まれば千秋楽を待たずして優勝。相手は大関把瑠都。一番の好敵手だろう。

盛り上がる場内。なんと懸賞の数は50本!1本あたり5万円、内3万円が力士の手に入るらしいが、この一番だけでなんと50本×3万円=150万円。当然、給料、優勝賞金とは別にだ。昔の力士が場所中でも銀座とかで豪遊してたのも(今もか?)頷ける。

残念ながらiPhoneのカメラではその瞬間は撮れなかったが、結果は白鵬の優勝。はっきり言って、相撲の内容が他力士と差がありすぎる。うまい、と思わず膝を叩いてしまうほどの内容。

初めての大相撲観戦でしたが、長男も楽しかったようで大満足でした。こういう機会を与えてくれた両親に感謝!


編集 / 2011.01.24 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
肉三昧
カテゴリ: 未分類
で、先週友人と銀座でこんな店に。

★ 銀座 Mardi Gras(マルディ・グラ) ★ 


男の肉系フレンチ料理の店だ。以前一度行ったことあるが今回は男4名だったのでがっつりと。

まずは前菜からこのボリューム。

005-mardi.jpg

次に店員さんおすすめの内臓煮込み。

006-mardi.jpg

で、リエット。超濃厚。

007-mardi.jpg

店の看板メニューであるフォアグラバーガー。

008-mardi.jpg

メイン一つ目はステーキ盛り合わせ。ソーセージみたいのもついてきた。

026-mardi.jpg

メイン二つ目は蝦夷鹿。これが一番うまかったかな。やっぱジビエだ。

009-mardi.jpg

ワインも適当に3本くらい飲んでいい感じでした。まわりの席はみんなカップル。肉食系女子におすすめですが、料金は一人1万円-2万円は必須なので金もってるオジサマに連れて行ってもらうようおねだりですよ!




編集 / 2011.01.21 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
企業のグローバル採用におもうこと
カテゴリ: 未分類
最近、多くの国内企業が新卒採用の枠のなかで海外学生の採用割合を急速に増やしている。ソニー、村田製作所、パナソニック、キーエンスなど主戦場を海外におく製造業のみならず、野村HDなどに至っては2011年春から新たに導入する「グローバル採用」にて投資銀行業務など専門性の高い分野のエキスパートを育成する目的ですでに40人の学生を従来の約3倍近くの初任給と格段の待遇で獲得したらしい。新社会人として一歩踏み出す前から猛烈なグローバルレベルでの選別が始まっている。大卒の内定率も60%弱と過去最低だが今後さらに厳しくなっていくだろう。きっと2020年ごろには30%くらいまで落ち込んでるんじゃないかと想像する。

また、入社してからも今度は社内公用語が英語、または全員海外赴任制度(しかも前任者がいないようなインド、中国、ブラジル、インドネシアなどの新興国)などの試練、機会が若者たちを待っている。

急速にパラダイムが変わって、自分たちが主役になれる新たな時代の幕開けだ、と心躍る者もいれば、先の見えない大海原で人生設計のできない時代の船出に恐怖にすくんでしまう者もいるだろう。

全ては気の持ちようなのだが、若者はいつの時代だって、どの国だって、きっと生き抜くために自分を変えていく力を持っている。なので、正直これから社会に出る若者たちについては個人的にはあまり心配していない。

それよりも受け入れ側の企業について猛烈な不安を感じる。

国籍を飛び越えて学生を採用するのはいいけど、彼らをマネージ、リードしてパフォーマンスを引き出せる上司がいま自分の会社にどのくらいいるのかを、グローバル採用を行っている全ての会社は考えなければいけない。

自分の部下が10人いるとしよう。そのなかにスーパーエンジニアのインド人2人、MBA上がりの米国系白人女性1人、野心あふれる中国人男性1人、成績は抜群だが英語が苦手な日本人東大卒業生2人、一見無気力な日本人男性1人、カツマー系自己啓発大好き日本人女性1人、4週間の夏休み休暇が必須なフランス人1人、最貧国から国費留学で勉強してきたバングラデッシュ人1人いたら、どうやってリードする?どうやって評価する?

中国人と働いたことがある人ならわかると思うが、多くの中国人は自分の成績、評価を下す権限を持つ人の言うことだけを聞き、1円でも給料や待遇が上がるならすぐに転職する人は多いと思う(※わたしの個人的経験に基づく意見ですので悪しからず)。

就業時間以外の飲みニュケーションなんて文化なかったり、イスラム教の社員いたらラマダン(断食期間)中の就業スタイルをどうするかなど、今まで日本人社員だけで働いてたころにはまったく気にしなかったようなことに対応することもリーダーは求められる。

いまの30-50代でグローバル経験ない人がフラット化した世界で本当に立ち向かっていくには、グローバル人材を雇う前に自分たち自身が外に飛び出していかなければ絶対にダメだ、と思う。自分たちだけ日本本社でのんびりといままでの環境、知識、ポジション、待遇にしがみついて、会社の構造と部下だけをグローバル化しても戦っていけない。

もちろん、世の中にはいろんな仕事がある。全部が全部グローバル化されるわけじゃない。でも、これからありとあらゆる業界の境目がさらになくなっていく、守られてきた壁が崩されていく。その中でぼくたちは、ぼくたちの子供たちは生き抜くための武器をどう身に着けていくか。夢を持って、生きる事が楽しいと思えるように暮らしていくにはどうしたらいいのか。

いち個人が社会を、流れを、他人を、周りを変えることは正直そんなにできない。変えていけるのは自分だけだ。

変わらなきゃいけないのは若者じゃない、30代から50代までの中年層、そして定年した60-70代が自ら変わることを受け入れて動き出さないといけない時期に来ている。それが2011年。もう言い訳はできない。


次の10年を想像して再度ネジを巻き直しです。


編集 / 2011.01.20 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
5.7%
カテゴリ: 未分類
朝4時起床。今日も冷えるな。家のなかにいるのに手がかじかむ、、、、

というわけで2011年もはやくも3週目が終わろうとしている。はやくも2011年も5.7%=3週/52週が終わってしまった。

今年の目標の対して、5.7%もぜんぜん消化できていない。

毎年恒例の体重減らす目標(15Kg)に対してもまだ1Kgも達してないし、本を最低50冊読むに対してもまだ2冊も読み切っていない。ヤバイ。

年始の目標に掲げた、「新たに始める」の欄にある運動コーナーのなかで先週やっと自転車でサイクリングを1回(15Km弱)やってみただけだ。これも今週末に継続2回目ができるかにかかってる。

2月以降に2011年超早目の残り11ヶ月ラストスパートのつもりでネジを巻き直します。

というわけもあって、いろいろ考えてたらいつもどおりの超早起きになってしまいました。

しょうがないので仕事でも開始します。

では!


編集 / 2011.01.20 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
自転車復活
カテゴリ: 未分類
朝4時起床。今朝は一段と冷え込む。最強寒冷前線らしい。

昨日、久々に車庫の奥に眠っていた自転車を引っ張り出して、タイヤに空気を入れて、ギアとチェーンに油をさしてみた。汚れた部分も軽く水洗いとかしてみたりして。

で、今朝、気合いれて朝から海辺を走ってきました。

022-byc.jpg

11年前に新婚旅行でイタリア行ったときに、現地の自転車屋で買って空輸してもらった思い出の自転車。以前、駒沢公園近くに住んでたころはこの自転車で渋谷くらいまでなら走ってたけど、街中よりは湘南エリアのほうがこの自転車には似合ってる気がする。

冬の早朝の砂浜は霜がおりている、なんて忘れてた。

023-shimo.jpg

そして、朝からカラダを動かすことがこんなに気持ちいい、なんてことも忘れてた。

自宅から海辺の道をひたすら走った。柳島という砂浜からシロギスなどが釣れるスポットまで片道約7Kmをのんびり走りました。柳島からは見事な富士山。日本晴れ。

028-fuji.jpg

帰り道は茅ヶ崎の堤防釣りしている人のバケツをちょいと覗いたり、サーファー達を横目にゆっくり帰ってきました(今年は自転車に続いて、サーフボードも修理に出して久々に復活しようと思っています。いや、ホントですって(汗))。

あまり気合いれて、習慣化しようとすると挫折する性質なのでのんびりと構えて、「朝から運動する生活」を春に向けて続けたいと思います。健全な精神は健全な肉体に宿る、ってのは本当な気が最近してます。

今日はいまから地元友人宅で家族総出でモチつきパーティ。午前中から大人数で宴会ですよ。


では、良い週末を!



編集 / 2011.01.16 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
夢の持ち方
カテゴリ: 未分類
今朝、テレビですごいニュースを聞いた。

★ノーベル章の根岸教授、人工光合成の研究着手


温暖化の原因ともなる二酸化炭素(CO2)から医薬品を作り出す、という。なんとも途方もない、夢のある研究。

不謹慎だが、もしかしたら根岸教授の存命中には研究は終わらない、数十年、下手したら100年くらいかかる研究かもしれないが、なんともスケールのでかい、多くの学者たちが夢中になるだろう&世界に大きな影響を与える研究だと思う。

かつて、大学時代の同級生で何をやらせてもできてしまう女友達がいた。ある日彼女に聞いたのは、彼女の母の教え。

「人には誰でも「やりたいこと」「やるべきこと」「やれること」の3つがある。常に「やるべきこと」「やれること」を優先して、そのあとで「やりたいこと」をやりなさい」

という教えを幼少のころから彼女は忠実に守っていると言ってたのをふと思い出した。

この根岸教授の新たな挑戦は、教授だからこその「やりたいこと」「やれること」「やるべきこと」をいっぺんに叶えちゃう、自分の時間を、能力を、経験を、情熱をすべてぶち込むにふさわしい夢に思える。

自分自身、今後の夢の持ち方を改めて考えるきっかけをもらいました。

根岸教授の新たな挑戦を応援します。


ちなみに、前述の大学時代の女友達は卒業後、結婚してから、1,2年勉強してさくっと司法試験受かって今は弁護士になっているようです。。。。。偉大な母の教え、こちらも子育ての参考にさせてもらいます。


編集 / 2011.01.11 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
初雪
カテゴリ: 未分類
で、1月最初の3連休は伊豆&箱根に行ってきました。

土日は伊豆に長男&次男のみ連れて、男だらけの週末を。稲取堤防で今年初釣りをしました。釣果はメジナ6匹、イワシ2匹、ベラ1匹でした。寒い中、二人ともよくがんばった。

で、日曜日の早朝に伊豆から湘南へ戻り、奥さんと長女をピックアップして箱根へ逆戻り。芦ノ湖近くの旅館に妹家族と1泊だけしてきました。

芦ノ湖は標高も高いせいか、めちゃくちゃ寒くて、月曜日朝起きるとこの景色。

017-snow.jpg

018-snow.jpg

2011年初雪でした。子供たちも大喜び。雪質も極上でさらさらしてて、ホントに気持ちいい。

その後、大涌谷までドライブ。この寒い中を外国人観光客であふれかえっていました。

022-owaku.jpg

027-owaku.jpg

030-owaku.jpg

名物温泉卵も当然食しました。1袋5個で500円。横で中国人観光客のおっさん3人組が豪快に、3人で3袋×5個=15個も卵買ってその場で全部食べてました。確かにあの寒さのなかで温泉卵&塩付きはいくらでも食べれちゃう。

024-owaku.jpg

風も冷たくて、雪も積もってたけど天気は快晴。大涌谷から見えた富士山は圧巻でした。気高くて、美しくて。外国人が多く訪れるのもうなずけます。

032-owaku.jpg

夕方早々に湘南へ戻ってきましたが、湘南→伊豆→湘南→箱根→湘南のピストン輸送で身体がガタガタになっていて風呂はいってビール飲んで即寝でした。

ま、おだやかな良い週末でした。はい。

編集 / 2011.01.11 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
朝風呂
カテゴリ: 未分類
1月3日。朝から熱い風呂にはいった。気合がはいる。

ここのところ毎年、仕事納めと同時に風邪を引き、仕事始めの直前に治る。

明日は実家と一緒に過ごして、明後日からの仕事始めに備えます。

今日は午後から親戚宅にご挨拶に。酒も軽めに。いや、まじで。

編集 / 2011.01.03 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
箱根駅伝
カテゴリ: 未分類
で、ロクな初夢も見ないまま、寝正月2日目。今朝も早い時間から雑煮作り。

そういや、今日は箱根駅伝だ。我が家から徒歩1分のところを通り過ぎるので、家族みんなで応援がてら見に行った。トップは早稲田。早っ!

014-hakone.jpg

箱根駅伝もすでに87回。読売新聞社共催。たしかにいつも最後ゴールは読売新聞本社前だもんな。Wikipediaをみると、なんと1920年から始まっている。歴史を感じますな。

016-hakone.jpg

今年はなんだか由緒正しい、日本の正月を過ごしてますな。

あと2日間、徐々に仕事始めに向けて意識をゆるりと変えていきます。

まだ今日はゆっくりめで。


編集 / 2011.01.02 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
初詣&新年会その1
カテゴリ: 未分類
で、昨日の元日は地元友人家族たちとみんなで初詣&新年会。

まずは近所の諏訪神社へ。

012-shrine.jpg

009-shrine.jpg

010-shrine.jpg

011-shrine.jpg

なかなか気持ちいい。家族みんなで御参りして、珍しくおみくじをひいた。

中吉

なかなか含蓄あるメッセージが。

「勢いに任せて事を進めるなかれ。後々、後悔することになる。ひとつづつ確認しながら進むこと。多忙な日々は決して無駄にはならない」

うーん、心に沁みます。


その後、みんなでバーミアンで軽く腹ごしらえして(といいつつこの場ですでにビールジョッキ3杯)、その後友人宅でみんなで集合。総勢20名弱というこんな人数でいいのかな、と心配になるもなだれ込む。ここでもビールにワイン、日本酒、つまみをたくさんいただいた。結局、20時近くまで長居してしまった。気づいたら年始早々、お昼から連続8時間も飲んでしまった、、、、、

ま、今年も地元仲間に家族一同お世話になります。よろしくお願いします!



編集 / 2011.01.02 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
あけましておめでとうございます
カテゴリ: 未分類
2011年。快晴。最高のはじまり。

007-sky.jpg


間違いない、いい1年になりそうだ。


編集 / 2011.01.01 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

そのうち書きますね

Author:そのうち書きますね



chooseyourlifeさん宛に動画を投稿する»

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。