スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
理念
カテゴリ: 未分類
今日は雨なので朝から家で本読んだり、チャーハン作ったり、冷蔵庫のニンニクを刻んで、オリーブオイルとあわせて瓶詰めしてガーリックオイル作ったりしてる。主夫かっつーの。

で、ここんところブログの内容が「旅行」「食べ物」「釣り」のことばかりなので、ちょっと仕事関連のことも。

普段通勤途中に思いついたことをiPhoneのメモ帳に書いてるのだが、そのメモから。


いつも反芻しているドラッカーの言葉。

「自分はどういう人間として憶えられたいのか」

ビジネスを通じて自分が成し遂げたいことは何なのか。経験、結果としての金銭的成功、幸福感や充実感、達成感、名誉などいろいろと思いつくことはあるけど、最終的にはこの問いに集約されると思う。

また、事業をする、起業することの意義のひとつは

「自分の価値観を社会にぶつけて新たな価値を提供すること」。

これも最近頭にある言葉。


また、こんな言葉にも納得する自分がいる。

「みんなが喜ぶことをすることはいいことだ」

サービス、商品の対価として適正なお金をいただくだけに満足せず、「お金」と「ありがとうの言葉」と「笑顔」をもらう仕事をしなければ、したい、と最近よく思う。お客さんの先のお客さんまで届くようなサービスを。

そして、

「未来をつくる仕事をする」


あと半年足らずで40歳になる。仕事を通じて何を成し遂げたいのか、誰を幸せにしたいのか、自分の残された時間と能力を何に捧げるのか。改めて、心落ち着けて考えていきたいと思います。

「会社には理念が必要」、なんて綺麗ごとを言うつもりは全くないけど、シンプルでパワフルな理念はビジネスを正しい方向に成長させる。最近気に入ってるのは回転寿司のスシローのこの理念。このくらいシンプルでないと。

「うまいすしを、腹一杯」

安い、早い、だけではなく、「うまい」寿司をお客様に「腹一杯」たべてもらうためには「味へのこだわり」「何皿もたべられるような価格設定」「徹底的なコスト管理」が必要。そして何度も来たくなる様な店舗作り、お客様視点での従業員教育。常に主語はお客様でないといけない。

正しい理念は会社をドライブさせる。本物の種をどう植えるか。

自分の持つリソース(能力、気持ち、時間)を何に捧げるか。

そこで働く意味と夢を社員に与え続けることのできる環境をどう作るか。



そろそろ夕方なのでちょっと早い晩酌を始めながら考えます。

と、その前に酒の肴をどうするかに頭のCPUを使います、、、、


スポンサーサイト
編集 / 2010.09.23 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
三宅島からの贈り物
カテゴリ: 未分類
朝6時起床。今日から一気に気温下がるみたい。雨だし。涼しいな。

で、一昨日、10年来の釣り仲間のM師匠から三宅島からうれしい贈り物が。

001-miyake.jpg

ウメイロ、アカイサキ、アカハタ。どれも高級魚。アカハタはキロ5000円するらしい。どれも結構いいサイズで30cm以上ある。早速、ご近所さんにおすそ分け。我が家には3種1匹づつ。で、昨晩のテーブルはこんな感じで。

002-miyake.jpg

003-miyake.jpg

どれも旨い!ウメイロは初めて食べたけど淡白な白身でどんな味付けにもあいそう。アカイサキは稲取でもよく釣れるのだが、今回調べてみたら皮下に旨味がすべてあるとのことで、皮付きで熱湯をかけてたんぱく質を固める湯霜造りが良いとのことでやってみたら確かに歯ごたえ、味ともに満足の出来。アカハタは本当は中華風に蒸して、しょうがとネギを千切りにして蒸した魚の上に沸騰した油をジュッとかけるのが最高なんだそうだが、今回はウメイロと一緒にムニエルにしてみたがこちらも上出来。ビールもがんがん進む。調子にのって一人でハイボールを5,6杯飲んで今朝はちょっと体が重い、、、、

いやー、うまかったです。M、感謝!

で、今週日曜日は三浦でカツオ漁です。今年はエサの活き鰯があまりとれていないので出船できるか微妙ですが、昨年も100本前後釣っているので今年もみんなで楽しめればいいな、と。竿の手入れでもしておこう。

あいにくの天気ですが、ゆっくり自宅で充電を。

良い休日を!
編集 / 2010.09.23 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
伊豆は奥が深い
カテゴリ: 未分類
で、この週末、一ヶ月ぶりに家族で伊豆へ行ってきた。

バブル真っ只中に父親が、ぼくが夏休みを利用してスペイン放浪の旅に出ている間に勝手に「親子ローン」を組んで別荘を購入してからこの20年、数え切れないほど稲取に来ている。

正直、もう旅行というよりは日常に組み込まれていて良くも悪くも感動が薄い。行く店や場所もほとんど同じだし。

で、今回はあえていつもと違う3日間にしよう、と決めて積極的に探索してみたところ、やはりまだまだ伊豆は奥が深いことに気がついた。

★最強ビーチ編

まずは伊豆最強のビーチを発見。ナンパのメッカ、白浜も水はきれいですが、ぼくらが大学時代から通い詰めてた浜は下田の先にある「入田浜」。日本とは思えない美しさ。

036-beach.jpg

が、今回はさらにお気に入りの浜を見つけました。入田浜の先にある吉佐美浜もすばらしいけど、その先の「田牛(Toji)」は群を抜いた美しさ。サンドスキーもできて子供たちも大喜び。

022-toji.jpg

すぐ近くには「竜宮窟」なんてのもあって、階段下りて最初に飛び込んできた景色には思わず声がでてしまった。

005-toji.jpg

ここは天国、ほんとは人に教えたくないくらいのビーチです。外国人率高いのも頷けます。


★最強食事編

で、河津の極上イタリアンにいってきました。

「☆☆アンティカトラットリア ダルピラータ☆☆」

東京でもなかなかお目にかかれないクオリティ。ランチをいただいたのだが予約必須。パスタコースで1700円、メインもはいって2500円は超格安。素材は地のものを使ってるらしいが、オリーブオイルなどはイタリアのものを使用。ぼく好みの現地でしか味わえないような青臭さを感じるオリーブオイルに感激。ディナーは1日3組限定。3800円と5000円のお任せコースのみ。次回は絶対ディナーにチャレンジ。子供も入れるけど、やはり大人の店ですね、ここは。大事にしたい伊豆のレストランです。

あと、昨日夕飯で食べたのは伊豆高原にある「伊豆高原ビール本店」。以前にも入ったのだが、立ち寄り湯も併設していて使いやすい。ここでは以前から気になっていた「泳ぎ烏賊姿造り膳」を注文。

043-ika.jpg

烏賊ソーメンはパリパリという食感で非常に甘い。肝と白子が小鉢でついてくる。こちらは醤油でちゅるりと。で、エラとゲソは塩焼きと揚げ物に。活きがいい素材は焼いても揚げてもめちゃくちゃうまい、っていうか火を通した方がうまいかも。運転のためビールを断念したのが唯一の失点。

044-ika.jpg

料理もさることながらホスピタリティがすばらしい。ベビーカーに長女を乗せていたのだが、寝ていたのでそのまま板張りの店内(土足厳禁)に入れてくれて、わざわざ女性定員がひざまづいてベビーカーの前後の車輪をフキンで拭いてくれたのには感動。マニュアル化されているのかもしれないけどこれには参った。ありがたかったです。

★最強観光編

ドライブを兼ねて、稲取から下田を抜けて、石廊崎をこえてさらに西へ。波勝崎にある「野猿の苑」へ。約300匹の猿。白波が立つ断崖近くに群れをなす猿たちにエサをあげることも可能。これは子供が喜びます。エサは現地で300円くらいで売ってます。

024-saru.jpg

030-saru.jpg

さすが西伊豆、岸壁の趣きも東伊豆と雰囲気違ってこれまた見応えあります。

036-saru.jpg


とまぁ、今回はいろいろ発見がありました。別荘の風呂が修理中だったこともあり3日間、毎日家族で立ち寄り湯をハシゴしたのですがこれもいい気分転換になりました(大体どこも大人800円~1200円、子供(4歳以上)は半額)。

少々飽きも入っていた東伊豆ですがまだまだ掘れば楽しいところ、きれいなところ、美味しいところはあることを再確認できたので、次回も楽しみになりました。

年内もう一度いけるように仕事がんばります!

編集 / 2010.09.21 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
まる玉
カテゴリ: 未分類
朝6時起床。本日は湘南在住の方々のために情報共有。

で、先週末、とうとうあそこに行った。

★らーめん まる玉 辻堂店


鶏白湯スープ。数週間前に辻堂駅前にオープンして、そのスープの濃厚な匂いに誘われて入ってみた。

001-torira.jpg

うーん、スープは最高にうまいが、個人的には麺が細くてやわかすぎて、、、、トッピングのチャーシューもうまいけど、これでもか、と入ってる青海苔(四万十川?)がちょっとミスマッチ。

他のお客さんが「麺固めで」とか頼んでたので、自分好みの注文の仕方がわかれば結構はまると思いました。

辻堂駅前も5軒ほどラーメン屋ができてちょっとしたブームですね。

編集 / 2010.09.21 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
フルーツ
カテゴリ: 日常
昨日おくさんが買ってきたお土産。

001-cakef.jpg

渋谷西村フルーツパーラーのケーキ。ケーキっていうかほとんどフルーツそのもの。

昔はそんなに好きではなかったけど、ここ数年急にフルーツ好きになりました。

そのうち自宅で何か育てたいけど、まずは熱帯地方に引っ越すかな、、、、、


編集 / 2010.09.14 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
甥っ子誕生日プレゼント
カテゴリ: 未分類
朝4時起床。まだ身体イタイ。

おとといは甥っ子の誕生日プレゼントとして、茅ヶ崎の釣り船にご招待。できるだけ引きの強いサカナがいいだろう、とのことで、イナダ(ブリの子供)の乗合船にうちの長男、甥っ子、ぼくの妹もふくめて4名で乗船。

釣果は、メジマグロ(本マグロの幼魚)、サバ、ヒラソウダカツオなどなど計30匹強。まあまあだな。

001-meji.jpg


それにしても朝3時に起きて、猛暑の中7時間も揺れる船の上に立っていたせいか身体がキツイ。子供たちもワクワクしすぎて寝不足&疲れで船の上ではたぶん3時間くらいは寝てたんじゃないかな。まあ、でもサバの猛攻で強烈な引きを楽しんでたみたいなので良かった。

サカナのほとんどを甥っ子にあげて、あとは留守番していた姪っ子のためにまたもやイクラのしょうゆ漬けを大量に作ってあげた。やはり何度も作って早く加減を習得したいので、なんだかんだと理由をつけては作るに限る。

というわけで、甥っ子の今年のプレゼントは「釣り船+イクラのしょうゆ漬け」という、9歳の誕生日にふさわしくない、かつ、思いっきりあげる側の人間の趣味というか都合に左右されてしまって申し訳ない。

ま、喜んでたから良し、としよう。

今週もがんばっていこう!

編集 / 2010.09.13 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
もう昨日からこればっかり食ってる
カテゴリ: 未分類
昨日は早めに帰宅して、食べましたよ、イクラ丼。

001-ikuradonburi.jpg

鮭とイクラの親子丼。

極上でした。やはりイクラはあまり味が濃くないほうがいいですね。鮭のしょっぱさで十分です。

昨晩は2杯食べて、今朝も朝から山盛り一杯。

あと、2食分くらいは残ってるので今晩の酒の肴にしようと思います。


いやー、満足。

編集 / 2010.09.07 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
極上イクラ
カテゴリ: 未分類
今朝は5時半起床。なんだか珍しく眠りが深かったせいか疲れが少ない。

で、昨日とうとう作ってみました。イクラ。以前から友人や同僚が生筋子からイクラをつくっている話やブログを見てていつかやりたいなぁ、と思ってたらスーパーで生筋子が売ってたので、初チャレンジ。

002-ikura.jpg

100グラム=398円。別の店では498円だったので割安。計500グラムくらい買ったので原材料費は2000円。イクラのしょうゆ漬けというタレもついてたけど添加物が入っていそうなので却下。

で、自宅に戻って夕食後やってみました。まずはタレ作り。

同僚ブログによると醤油がきつすぎるとイマイチとのことだったので、まずは酒、みりんを火にかけ、昆布だしは水からしっかり取った。で、醤油は少し色がつく程度。で合わせる、と。

003-ikura.jpg

うーん、ちょっと甘い&昆布がきつい。個人的にはあまり醤油っぽいものや甘い味が好きではないので、初チャレンジながら勝手にアレンジを。

この昆布だし醤油の80%を別瓶に移し変えて(これは冷蔵庫で保存して今週味噌汁とかで使う)、残り20%に大胆に白ワインをガンガンいれて、ヒマラヤ塩を加えた。ミリン、醤油は入れず。しょうゆ漬けというよりも昆布だし&塩味テイストにした。個人的にはアルコール分をとばした日本酒の甘さがあまり好きではなく、どちらかというと白ワインを火にかけたほうがいい感じの塩味と旨味が気に入ってる(ほとんどのパスタで応用)。で、この新しい白ワイン昆布ヒマラヤ塩の出汁を冷やしておく。ちなみに酒、ミリンを煮切ると日持ちしなくなるらしいので、食する人が大人中心の場合はあえてミリンは入れないほうがいい気がする。

で、生筋子の出番。約40度のお湯(手をいれてアチチというくらい)に入れて、筋子をつぶさないように膜からはがす。入れてすぐだと難しいが、2分くらいおいたあとだと結構カンタン。この温水にはあえて塩をいれずに真水でやりました(真水のほうがプチプチ感が残るらしい)。で、膜をとって、薄皮を水と一緒にながしてこんな感じ。

004-ikura.jpg

まだ、薄皮や形の悪い粒が残っているのであとは水で2,3回ほど丁寧にすすいで水を替える。すると時間をかけたこともあり、色が全体的に白っぽくなるが、あわてない、あわてない。

005-ikura.jpg

ここでちょっと濃い目の塩水にさらすとあら、不思議。白っぽかったイクラたちがすし屋でみるような色に光り輝きます。

006-ikura.jpg

ここで別タッパーに先ほどの白ワイン昆布ヒマラヤ塩出汁と水気を切ったイクラを投入。大体4-6時間で味がしみるらしいが、熟成させるためにも1晩冷蔵庫で置くことに。それにしても大量です。家族5人で何杯食べられるんだろう。すんげー楽しみ。

007-ikura.jpg

で、今朝出社前に冷蔵庫のぞいて、ちょっと味見してきました。

絶品です。

自画自賛しますが、昆布と白ワイン、ヒマラヤ塩の上品な極上の味わいになっていました。

初チャレンジながら次回作るためにもポイント整理。

・イクラを漬けるタレは醤油はあまりいれずに、昆布出汁にいれるつもりで作る。できれば白ワイン+塩のみで沸騰させ昆布だしと合わせる。量は適当だが同量づつくらいか。個人的にはミリンは不要。
・イクラを膜からはがす温水は真水で。あとから塩水であらったほうが食感がいいらしい(たしかにプチプチしてた)
・面倒でも膜や薄皮はしっかり取る。これを適当にやると台無し。
・500グラム以上つくってもたぶん3日じゃ食べきれないので要注意(日持ちしないし)。

こんなにカンタンにできるならこれから毎年作ろうと思います。2,3日しか持たないかもしれないけど無添加なんだから当然。っていうか旨すぎてたぶん、あっという間に食べ切ること間違いなし。

今晩が楽しみです♪

編集 / 2010.09.06 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
見事な幕引き
カテゴリ: 未分類
先日の8月31日を持って、実父が経営する会社を廃業した。

廃業前々日に工場から大きな機械が運び出されるとのことで久々に家族全員が勢ぞろいした。年に一度しか会わない実兄まで来ていた。

朝7時に現地に到着すると、早くも搬出作業が始まっていた。こんなクレーン付の巨大な搬送車が3台。

003-unpan1.jpg

久々の工場では、見慣れた機械が並んでいた。どれもこれも使い込まれている。

006-kikai.jpg

005-kikai.jpg

011-kikai.jpg

013-kikai.jpg

016-kikai.jpg

007-kikai.jpg

022-kikai.jpg

027-kikai.jpg

023-kikai.jpg

朝6時過ぎから始まった、3時間の搬出後の工場はガラーンとして、このとおり。

028-after.jpg


27年間、土日もなく、毎朝7時にひとりで工場に向かい、毎日、機械を動かし続け、鉄板を叩き続けた父を心から尊敬する。

子供たち3人を中学から大学まですべて私立で通わせるのは並大抵ではなかったはずだ。時には母も経理だけではなく、実際に工場で軍手をはめてドリルで鉄板に穴を開けてた。ぼくら子供たちもよく手伝いに行っていた。そんなときでも父は必ずアルバイト代として時給1000円を子供たちにくれていた。しょっちゅう、ミスして、父がやってくれた前工程を台無しにしても決して怒らなかった。頼んだのは自分なんだから、決して責めるまい、と思っていたのだろう。

ここ数年は日本の製造業が生産拠点を中国に多く移したことに加え、父自身も70歳を超えたこともあり、仕事量はかなり減っていた。それでも父は以前と変わらず土日も毎朝7時に出勤して、機械の電源を入れていた。

古い機械はすべて業者に引き取ってもらった。聞いてみると、こういう古い機械を動かせる職人はもう国内にはほとんどいないそうで、ベトナムなどに出荷されるらしい。それ以外はすべてスクラップになるんだそうだ。

廃業に際して、父は一切の借金や取引先へ迷惑をかけることをしなかった。それどころか、いままでの取引先や仕事仲間たちが父のいままでの労をねぎらうために、わざわざホテルの会場を貸しきって慰労会まで開いてくれるらしい。それを聞いた別の取引先の若者たちがじゃあ我々も、と今日から3日間ぶっつづけで親父のための飲み会が入っているとのこと。自宅にもすでにたくさんのお酒や贈答品が贈られて来ていた。27年間仕事をして、最後まで顧客から信頼され、感謝され、仲間たちから愛され、同業者からも一目置かれた、そんな父を誇りに思う。ビジネスマンとしての一番の目標でもある。


工場のシャッターを閉める前に、会社のプレートを手に孫たちに囲まれてシャッターに収まった両親はとても誇らしく、すばらしい笑顔だった。

040-pride.jpg

035-hyosatsu.jpg


本当に長い間お疲れ様でした。そして、ぼくたち家族を養ってくれたことに心から感謝します。

一緒に過ごせる時間は限られているけど、精一杯の恩返しをしてあげたいと思います。


編集 / 2010.09.01 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

そのうち書きますね

Author:そのうち書きますね



chooseyourlifeさん宛に動画を投稿する»

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。