スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
仕事と居場所
カテゴリ: 仕事
朝4時半起床。仕事の夢で起きた。

で、仕事と居場所について。

もう有名すぎる言葉だけど、

「仕事の報酬は仕事」

第四代経団連会長であり、東芝の社長を務めていらした故・土光敏夫氏の言葉。

何度も書いてるけど、仕事は誰かを幸せにするために、必要とされるために行う。

仕事を通じて自分を高める。幅を広げていく。

自分を会社にとって、お客様にとってかけがえのない存在になるために仕事を勝ち取っていく。

自分の居場所、価値は自分でつけていく。

これからの時代、Self Motivate & Self Educateの精神と実践が大事になっていく。


今日も突っ走ります。
スポンサーサイト
編集 / 2007.02.28 / コメント: 1 / トラックバック: 0 / PageTop↑
会社を辞める若者へ
カテゴリ: 仕事
朝6時起床。

で、最近若者は3年で会社を辞める件について。

僕自身、実は3年目に一社目を辞めた。元々入社時に上司にも宣言していたことだけど、最後の3ヶ月は月300時間の残業という滅茶苦茶な働き方をして、心身ともに疲れ切っていた。いま振り返ると、完全に自律神経失調症の症状が出ていた。

で、そのままスペインへ。

一年以上、放浪っていうかアフリカ大陸を対岸にのぞむコスタ・デル・ソルのアパートの一室で一人で暮らしてた。

あれから十数年。

最近の若者は入社後3年で1/3が辞めるらしい。

そんな彼らに送る言葉。

辞表を出す前に以下のチェックリストを見てほしい。

□自分はやるべきことを本当にやったか?
□この会社でやれることを本当にやり尽くしたか?
□自分はこの会社で成長できたのか?
□やめるきっかけ/原因に対して、自分はどんな努力をしたか?
□自分の仕事環境、レベルを上げる努力を本当にしたか?
□何故、今できないことが、次の会社/環境でできると思うのか?

もちろん、全部YESになるわけじゃない。

それでも辞めると決めたら、自分の決断を絶対に成り立たせる気合を持ってほしい。

何とかするしかないんです、はい。
編集 / 2007.02.27 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
なのに
カテゴリ: 仕事
朝5時起床。よし、今週もがんばっていこう。

で、先日、某有名レコード会社社長とお話する機会があり、こんなことを教えていただいた。

それは、ビジネスでは「AなのにB」が大事、ということ。

宇多田ヒカルは15歳なのに圧倒的な歌唱力をひっさげてデビューした。

もし宇多田ヒカルが28歳だったら860万枚も売れなかったろう。

木村カエラはモデルなのに歌がうまい。

氷川キヨシは若いのに演歌を歌う。


まさに、「なのに」=ギャップ=価値 だ。


「大企業なのに動きが早い」

「美人なのに性格もよい」

「安いのにウマイ」


強みであるBを、より際立たせるためには修飾句のAが必要。


自分だけの、「なのに」をじっくり考えてみよう。
編集 / 2007.02.26 / コメント: 1 / トラックバック: 0 / PageTop↑
向かい風
カテゴリ: 仕事
朝6時起床。

で、風。

日経新聞に掲載されてたんだけど、竹中平蔵氏が歌手の谷村新司氏に贈られた言葉。

「鳥は飛び立つとき、いつも向かい風に向かって飛ぶ」

確かに向かい風があるからこそ、飛べるのかもしれない。

追い風だと早く飛べるけど流されてコントロールが効かない場合もある。

向かい風だからこそ、しっかりと目を見開き、進みたい方向へ向かって前に進める。

明日からの向かい風に備えて今日はゆっくり休みます。
編集 / 2007.02.25 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ガロア
カテゴリ: 日常
朝6時起床。やっと週末。

で、エヴァリスト・ガロア。



わたくし、こう見えて実は大学では数学を専攻してました。代数学。方程式の解の公式って覚えてるかな?2次方程式、3次、4次までは解を求めるための公式があるのだけど、5次以上は存在しない。

その「5次以上方程式の解の公式が存在しない不可能証明」を行ったのがこのエヴァリスト・ガロア。フランス人。確か20歳で死んだのよ。しかも、女性の取り合いでピストルで決闘して負けて。

で、決闘前夜に死を覚悟して部屋中の紙切れや壁などに頭の中にあるアイデアを全部書き残したのが、現在の現代数学の基礎になっている。

この「5次以上方程式の不可能証明」を卒論で選んだんだけど、難しいのなんのって。普通の証明なら一通りでも提示すれば終わりだけど、「不可能証明」ってあらゆるパターンで存在することはない、ことを証明しなくちゃいけない。これを中学生でも理解できるレベルにする、という卒論。17歳の頃から憧れてた数学者だったから、やってみたけど当時は苦しかったなぁ。それまで優等生とはいえなかったぼくの大学時代の最終年次は、生まれて初めて数学の勉強に没頭した。現在、某大学の学長をされているある数学の分野では世界的に有名な教授に滅茶苦茶しごかれた。

「君は1日どのくらい数学を研究している?」

「えーと、大体4時間くらいですかね(もちろんウソ)」

「じゃあ、君は1日のうち20時間は無駄に生きてるね」

「・・・(無言)・・・・」


あれから14年が経ったが、今では頭の中から数学がすっかり抜け落ちている。でも、教授にしごかれながら勉強した思い出だけは残っている。

いつか年を取り、この思い出すらも忘れてしまうのかな。

せめて今だけでも大事にしよう。
編集 / 2007.02.24 / コメント: 1 / トラックバック: 0 / PageTop↑
バブル?
カテゴリ: 仕事
朝5時起床。もう金曜日だ。雨降ってたみたいだな。寒い。
寒すぎて、頭痛がしていつもより早く起きた。

で、最近ふと思うんだけど。

もしかして日本経済、バブルに入りつつないか?

最近、金融機関の人たちと話す機会が多いのだが、すごくそう思う。ただし、資産インフレ&物価デフレのバブル。個人消費/給与にはほとんどインパクトないけど、企業や金融機関にお金が溜まっている。淀んでいる。使い道を探しているように見える。

株や土地の値段が確実にあがっている一方で、100円ショップでは新鮮な野菜や肉まで売ってる。雑誌や漫画までフリーペーパー化しているし、時間をつぶすためにお金を使う必要はない。

その一方で若者が夢を持てなくなっている現実がある。一時期よりも成り金的な成功者がテレビに出なくなってきた。団塊の世代は財産を次世代に残すのではなく、精一杯使い切ると宣言している。

どうなっていくんだろう。何が残って、何が失われていくんだろう。

2010年までの3年間、じっくり見極めて、動いていこう。
編集 / 2007.02.23 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
右脳が左脳を裏切る
カテゴリ: 仕事
朝5時半起床。

で、こんな経験あるかな?

「右脳が左脳を裏切る瞬間」

普通に考えたらやらないような選択をする場合がある。メリット・デメリットだけではない。直感っていうのかな。

選択をする時には必ず周囲の人が何かを言う。

「やめたほうがいいよ」「何考えてるの?」

いいアドバイスも勿論ある。でも、みんな少しづつ正しくて、少しづつ間違えている。

結局は自分で決めるしかない。

その時にロジックだけではなく、直感で信じられるようにするために常に考え続け、感性を磨き続けなければいけない。その時に初めて考えても遅すぎる。

今日もまた、仕事をしながら、歩きながら、ご飯を食べながら考え続けよう。
編集 / 2007.02.22 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
カメラマン
カテゴリ: 日常
朝6時起床。

実はかつて会社を辞めて、カメラマンを目指したことがある。
コンサルタント時代。27歳のころ。

年齢制限を越えているのに、プロカメラマンの友人Mに相談して共同通信のカメラマン募集に応募したがあえなく2次面接でNG。今、振り返ると、動機や想いが薄すぎた。今となっては懐かしい思い出だ。

その頃から好きな写真家がいる。森山大道だ。



モノクロームで粒子の荒れた「ブレ・ボケ」と言われる作風。最近はカラーやインスタントカメラを使って街を切り取っている。

匂いたつような街の風景、人間模様。

いつかまた写真を撮ろう。
編集 / 2007.02.21 / コメント: 4 / トラックバック: 0 / PageTop↑
弱みよりも強み
カテゴリ: 仕事
朝6時起床。また、風邪気味。よわ。

で、チームビルディング。

チームを作るときにはできるだけ異なる能力の人たちを集める必要がある。多様性だ。当然、最初から完璧なチームなど存在しない。全員、強みもあれば弱みもある。

その際に気をつけることは、必要以上にメンバの弱みを克服させようとしないことだ。徹底的に個々人の強みにフォーカスする。特に期間限定のプロジェクトベースの場合はそうだ。

弱さからチームの強さは作れない。メンバの強さだけを組み合わせる。

時折、この原則を忘れて他人の弱みに目がいってしまうが、自戒も含めて再度、実践するようにがんばります。

編集 / 2007.02.20 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
宗教勉強
カテゴリ: 日常
朝6時起床。また一週間の始まりだ。

で、宗教。

いま、こんな本読んでる。



幼稚園から大学までずっとカトリックの学校に通ってたのに、宗教に疎い。特に仏教、儒教、神道についてはほとんど知識がないので、この年になって恥ずかしながら読んでみた。

これが。

滅茶苦茶面白い。仏教の本場インドでは存在しないビーフカレー(牛を食べるなんてありえん)と日本仏教の関係とかね。日本人、日本文化のファジーさがなんとも面白いのです。

興味あるかたは是非一度。

編集 / 2007.02.19 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
決断
カテゴリ: 仕事
朝6時起床。

昨日は酒を抜いたので体調が良い。

で、決断。

決断は早ければ早いほどいい。熟考というのも時には有効だけど、それでも90%以上の案件は早い決断のほうが良いと信じてる。

それは、時間が経てば経つほど選択肢が少なくなっていくから。

特にビジネスなど競合他社がいる場合は尚更だ。時間が経てば当初検討にあがってた案自体が存在しなくなってることがある。

決断は行動の出発点に過ぎない。

今日はゆっくり骨休めして、明日からの仕事でしっかり早い決断と行動ができるよう充電します。
編集 / 2007.02.18 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
二日酔い
カテゴリ: 日常
朝10時起床。

昨日は会社でパーティ。40人弱が来た。
せまい会議室によくもまぁこれだけ入るな、と感心。

今日は久々に撃沈。。。

天気も悪いし、今日は大人しくしてます。。。

良い週末を!
編集 / 2007.02.17 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
金持ちの上限
カテゴリ: 日常
朝5時30分起床。

で、金持ちの上限。

よく、「あー、金欲しーなー」ってつぶやいてる人をみかける。

で、試しにこう聞くようにしてる。

「最低いくら欲しいの?」

「えー、大体年収1000万円くらい。資産1億円くらいかな」

「ふーん、で、最高いくら位、欲しいの?」

「????」

年収1000万円と年収10億円稼ぐのでは、戦い方がまるで違う。普通のことやってたら絶対に年収10億円なんて達成できない。普段の生活自体もまるっきり変えないと。

第一、あるレベルを超えると持ってたって使い切れない(いや、持ってないけどイメージで語ってます)。

昔、25歳の頃、スペイン放浪している時にあまりにも時間が余ってたので、人生でやりたいコト、欲しいものなどを書き出したことがある。その時点での目標は「年収3000万円、資産5億円」だった。3000万円以上稼ぐのは困難だと思ったし、不要だと思った。事実、35歳を超えた今ではその目標を達成できていない。っていうか年収下がってるし。でも、やりたいコトはやれてるし、自分の目指している方向には進んでいる実感があるからまぁまぁ満足かな。

まだ、読んでないけどこの本を近々読もうと思ってます。ブックオ○万歳!



自分の人生でやりたいことを100個書き出してみよう。

何個、実現できるかな。
編集 / 2007.02.16 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
早起き
カテゴリ: 日常
朝5時半起床。また、5時台起床ペースに戻した。
しかも昨日は会社に泊まった。身体には良くねぇな。

で、早起きについて。

3年前に中国プロジェクトに参画してから早起きの習慣が身についた。
だって、毎朝7時に工場出社だったので。工場直行バスを乗り過ごすと、地元のバイクタクシー(50ccのバイクにノーヘルで2人乗り。約50円くらい)で行かざるを得ない。が、街中でそこら中で事故ってるバイクタクシーを見るととてもじゃないけど乗る気にならない。なので毎朝5時起きでシャワー浴びて、一仕事終えて朝飯食ってから7時のバスに乗るようにしてた。時には眠そうなメンバを強引に誘って「パワーブレックファースト」と称して朝から飲茶食いまくったり。

その頃から、こんなことを肝に銘じてる。

「朝の一時間は夜の三時間に匹敵する」

勉強でも仕事でも、朝のほうがはるかに効率がいい。睡眠で初期化された心身は疲弊しきった夜よりもはるかにフレッシュだ。

あと、昔、20歳くらいのころに書いた散文でこんなのが残ってる。

「我々は眠りという小さな死を繰り返して、毎日生まれ変わる。
 毎日、新たな人生を踏み出すことができるのだ。」

今日も小さく死んで、生まれ変わろう。

うぅ、眠い。。。
編集 / 2007.02.15 / コメント: 1 / トラックバック: 0 / PageTop↑
大人の条件
カテゴリ: 日常
朝6時起床。最近、なかなか5時台に起きれなくなってきた。
だって、寒いんだもん。

で、大人の条件。

敬愛する寺島実郎氏(日本総合研究所会長)がいいこと言ってた。

-------------------------

大人の条件は2つある。

1つ目は稼ぎがあること。

2つ目は務め(自分より弱い人たちを助けること)を果たすこと。

自分のことばかり考えて、行動しているうちは大人とは言えない。

-------------------------

厳しいけど真実。キレイごとだけじゃ生きていけない。

でも、きっと、

キレイごとをしっかりやろうと努力することこそが大事なんだろう。
編集 / 2007.02.14 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
桜木町ガード下
カテゴリ: 日常
朝5時半起床。

それにしても、みのもんた、朝早いな。さすが年収50億円男(週刊誌情報)。

で、桜木町。

おととい、久々に中華街に行った。車で国道16号を進んでいると若者たちがガード下に白昼堂々ペイントしている。こりゃ、軽犯罪真っ最中と思い撮影。



が、よく見ると若者たちの首からは番号札が見える。壁にも番号が小さく書かれている。

で、家に帰って調べてみたらちゃんと管理されてるらしいことが判明。

横浜市役所 都市整備局 鉄道事業課ですって。

街の景観を保つためにも役所がアート系学校の生徒さんに依頼しているみたい。なるほどね。
編集 / 2007.02.13 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
メンタルモデル
カテゴリ: 仕事
朝6時起床。もう3連休最終日。はえー。

で、メンタルモデル。

コンサル時代からよく「ビジネスモデル」なる言葉を聞いてたし、使ってた。でも、最近よく思うのは、「ビジネスモデル」よりも大事なものがある。

それが「メンタルモデル」。

ぼくたちはみんな、過去の成功体験、人から聞いた話、経験に縛られている。限られた選択肢の中で切ったり貼ったりしても限界がある。
頭の中で縛られている制約=メンタルモデルを超越することから全てが始まる。

メンタルモデルを多く持つにはどうするか。

今までと異なる分野、やり方で試してみること。特に若いうち(20-40台)はできるだけ多くのことを試してみて、自分の引き出しを多く持つことが重要になる。

「そんなのうまくいくわけがない」「既に大手がやっている」

能書きたれてしらける前にまずはやってみる。

仮に失敗しても新たなメンタルモデルを持つことはできるのだから。

今週も先週とまたやり方変えてやってみます。

編集 / 2007.02.12 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
スタイル
カテゴリ: 仕事
朝6時起床。連休2日目。
昨晩は自宅で軽く焼酎のみ。体調はよろしい。

で、スタイル。

ウェストミンスター寺院の地下大聖堂にある英国国教会大主教の墓にこんな言葉が刻まれている。

----------------------------------
私が若く、自由で、想像力が豊かだった頃、世界を変える夢をみていた。
歳をとり、知恵がついてくるにしたがって、世界はどうしても変わらないことに気付いた。
そこで、多少視野を狭め、私の国だけは変えようと決心しました。
しかし、国もまた動くようには見えなかった。
物の道理が解るようになるにつれ、最後の必死の努力をしようと思い、
自分に最も近い家族を変えることにしました。
しかし、嗚呼、家族も思うようになりませんでした。

今、死の床に伏し、突然悟ったのです。
自分自身をまず変えることができていたなら、範を垂れて家族を変えることができたかもしれない。
家族に勇気づけられ、後押しを受けて、この国を少しでもよくできていただろう。
そして、ひょっとすると、世界をも変えることができたかもしれない。
----------------------------------

スタイルを貫くことと、押し付けることを混同してはいけない。

まずは、いつでも、自分から。
編集 / 2007.02.11 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
いつか戻る場所
カテゴリ: 日常
朝5時半起床。今日から3連休。

なのに特に遠出する予定は無し。体調復帰に努めよう。尿酸値下げます。

で、いつか戻りたい場所がある。

20歳のころ、初めて一人で海外放浪をした。スペイン3ヶ月間。
その後、25歳の頃に一年間アンダルシアに行くきっかけになった旅だった。

電車やバスを使ってスペイン中を旅した。

その中でも一番気に入った街がトレド。街並みはこんな感じ↓。

トレドの街並み

トレドでは高校生の頃から好きだった画家エル・グレコの絵にたくさん触れることが出来た。

城壁で囲まれたトレドの街の中心にある広場。名前は忘れた。

この広場から見た夕暮れ、薄暗い中楽しそうに談笑するカップル、
まだ家に帰る気もなく駆けっこをする子供たち。


いつか、あの場所に戻る。
編集 / 2007.02.10 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
カテゴリ: 仕事
朝6時起床。昨日から箱根に泊りがけ合宿に来ています。

弊社も2月から創立2年目に突入。
今年が我々の将来を大きく左右する飛躍の年だ。

で、一行だけ。

もう何度も聴いた言葉だけども、忘れたくないので。

「夢は逃げない、夢から逃げているのは自分だ。」


クゥ~、キツイなぁ。

また今日から新たな一歩を。
編集 / 2007.02.09 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ゴレンジャーに学ぶDiversity
カテゴリ: 日常
朝6時起床。

で、ゴレンジャー。

前から気になってることがある。誰か知っていたら教えて欲しいんだけど。

日本の子供向けヒーロー番組ってかつてはゴレンジャーに始まり、最近ではボウケンジャーなど「チーム系」が多いでしょ。やっぱり、あれって高度経済成長期時代の名残なのかな?

個人の能力もさることながらチーム力を重視。同時に、最近よく聞くダイバーシティ(Diversity:多様性)も垣間見える。異なる性格・能力のものをまとめたときに信じられない力を発揮する。いかなる困難にも立ち向かい、時にはチーム内でも分裂し、また仲直りしたり。中にはうっかり八兵衛やキレンジャーのように、直接的な戦力ではないけど、抜群のムードメーカーがいたり。まさにかつての日本の企業イメージそのもの。

もちろん、アメリカ的にたった一人の超越した能力を持つスーパーヒーローが全部解決しちゃうパターンも日本にもあるにはあるけど、やっぱりチーム系のほうが日本にはしっくりくる気がしてる。

こういう子供向け番組の内容とかって文部科学省とかが時流に合わせた教育的指導しているのかな?どこまで関与してくるんだろう。

そういや、アメリカンヒーローの横には抜群のプロポーションでちょっとサドっ気のあるヒロインが100%横にいやがるいる。で、最後は必ずラブシーン。子供も見てるだろうに朝から妙に肉感的。そりゃお父さん、喜びますわ。ここらへんが日本男児としてイマイチ納得できんところです。っつーか、アメリカ映画、最後キスシーンで終わる映画の割合すごくないか。もう全て冷めちゃいます。

そんなこんなもありまして、まだ「タイタニック」すら観てません。
えぇ、こうなったら意地でも見ませんよ。


・・・すいません、取り乱してしまいました。
編集 / 2007.02.08 / コメント: 3 / トラックバック: 0 / PageTop↑
暴走する文明
カテゴリ: 日常
朝5時半起床。

で、文明。

一ヶ月くらい前かな、テレビ番組でチラッと見た絵が強烈だった。画家の名前もタイトルも忘れちゃったけど。

消費者の前にベルトコンベアーが設置してあって、その上を流れ続ける商品を自動的に買い続けている絵。

現代風刺絵だったと思うけど、すごく納得。

もう欲しくもないのに、新製品がこれでもかと出てきて、あらゆる広告手法を駆使して購買を促進し、気付いたら買っている、というか買わされている。既に自分の意思ではなく、反射運動に近い。

購買欲が経済や文明進化に貢献しているのはわかるが、何かおかしいね。ぼくたち、どこ行っちゃうのかな、ってたまに思う。

ぼくの場合、無駄なコトに浪費する癖はあるが、あまり所有的な物欲はないのがラッキーだ。それ以前に、収入が極めて不安定というか余裕がないので、ベルトコンベアーの前にも座らせてもらってないだけかもしれないけどさ。

で、こんな本読んだ。



うーん、正直イマイチでした。っていか和訳が個人的に好きじゃなかったせいかな。基礎知識がしっかりある人が読めば面白いのかも。
編集 / 2007.02.07 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
挑戦者へ捧ぐ
カテゴリ: 仕事
朝6時起床。

で、全ての挑戦している人々へ。


去年の今ごろに比べて自分は何が変わったか?

先月にくらべて何が変わったか?

昨日に比べて何が変わったか?

目には見えなくても、常に何かを学んでいる。変化している。

自信を持とう。

はっきりしていることは、まだ何も失っていない、ということだ。


ぼくも頑張ります。皆さんに負けないように。絶対に。
編集 / 2007.02.06 / コメント: 1 / トラックバック: 0 / PageTop↑
大将戦
カテゴリ: 仕事
朝6時起床。仕事開始になんとか体調復活間に合った。よかった。

で、大将戦。

「大きな課題を解決するときはまずは大将戦に持ち込んで、風穴を開けてから兵隊を送り込め。」

かつて中国で仕事をしていたとき、お客様の現地社長から言われた言葉。ぼくがリーダーとして着任したプロジェクトだったが、すでに暗礁に乗り上げていた。前リーダーが立てた予算とスケジュールを確認してみると、全く足りない。再度、プロジェクトプランニングをやり直したところ、スケジュールで2倍、工数・予算では何と約5倍の差があった。既にお客さんからはお金をいただいてるし、メンバは疲弊しているし。

悩んだ。

そんなとき、言われた言葉。

結局、日本本社の社長、会長にプロジェクト状況を説明し、打開するための新プラン、予算追加、スケジュール延長を直訴した。うまくいった。

大きくて、困難な課題ほど、上司や社長が取り組まなければならない。
部下に押し付けたら絶対にダメだ。

大将戦に持ち込む。

苦境に陥った時のアドバイスとして今も心に刻んでる。
編集 / 2007.02.05 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
カテゴリ: 仕事
朝6時半起床。抗生物質を飲んで体調やや回復。
薬ってやたらと効くのはありがたいけど逆にコワイな。

で、鬼十訓。

電通三代目社長・吉田秀雄氏の定めた社訓だ。
かなりいいこと言ってる。

鬼十訓

一、仕事は自ら創るべきもので、人から与えられるべきものでは無い
二、仕事とは先手先手と働きかけて行くことで、
  受身でやるものでは無い
三、大きな仕事に取り組め。小さな仕事は己を小さくする
四、難しい仕事を狙え。そしてそれを成し遂げる処に進歩がある
五、取り組んだら離すな、殺されても離すな。目的完遂までは
六、周囲を引きずり廻せ。引きずるのと引きずられるのとでは
  永い間に天地の開きが出来る
七、計画を持て。長期の計画を持っていれば忍耐と工夫と
  そして正しい努力と希望が生まれる
八、自信を持て。自信が無いから君の仕事には迫力も粘りも
  そして厚みすら無い
九、頭は常に全回転、八方気を配って一分の隙もあってはならぬ。
  サービスとはその様なものだ
十、摩擦を恐れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ。
  でないと君は卑屈未練となる

気合入ります。

が、今日はまだ安静にして、明日から気合いれます。

休むのも重要ですね。あともう一息。
編集 / 2007.02.04 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ワクワク
カテゴリ: 日常
朝6時起床。もう週末。まだ扁桃腺はれまくり、悪寒しまくり。

で、感情。

喜怒哀楽以外に重要な感情。

それは「ワクワク」「ドキドキ」。

年と共に、経験を重ねる毎にこのワクワクドキドキすることが減っている。

始める前から勝手に想像して納得してしまっている自分。ものすごく反省。

年をとっても魅力的な人は、いつも積極的に「ワクワクドキドキ」体験を求めている。

最近、ワクワクドキドキしてますか?

編集 / 2007.02.03 / コメント: 4 / トラックバック: 0 / PageTop↑
会社
カテゴリ: 仕事
朝6時起床。うー、風邪が治らねぇ。頭いてー、ノドいてー。

で、会社。

口うるさいようだけど、最近若い人を中心に勘違いしている人を多くみかける。

会社というのは仕事を与えてくれ、生活するための給料を与えてくれる。そして経験を積み、スキルを伸ばし、人脈を広げ、人生を豊かにする機会さえ与えてくれる。

ある人材派遣会社から紹介された若造はぼくの質問にこう言い放った。

「きみが会社に求めるものは何ですか?」
「自分のスキルアップ、キャリアアップです」

心からガッカリした。夢も何もない。若いんだからもうちっとやんちゃな、気の利いたことを言ってほしかった。何のためのスキルアップ?そもそもキャリアアップって何?金だったら金と言ったほうが潔い。

こう言ってくれたら最高だった。(ちょっと贅沢?)

「会社は社会を変えるツールである」

会社を個人の金稼ぎの場として割り切るにはあまりにもさびしい。
編集 / 2007.02.02 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
前世
カテゴリ: 日常
朝6時起床。やべ、早くも2月突入。

で、前世。

ぼくは幼稚園から大学までずっとカトリック系で育ったせいか、神様の存在は信じてる。キリストや仏陀のように具体的な対象がいるわけではないけど。

でも、前世ってのは信じていない。

よくテレビで芸能人が「あなたの前世はフランスの貴族です」とか言われてるのを見ると腹さえ立ってくる。

そういや、先日、親父の誕生日ちゃんこ鍋パーティで久々に会った実兄が霊能者に前世を見てもらったらしい。

「あなたの前世は江戸時代の関取です。」

・・・・・・

兄は体重が90Kgくらいの巨漢。

憮然とした兄を見た霊能者が慌てて、

「でも、(前世は)親方にまでなった人ですよ」

とフォローにならないフォロー。


ちなみに今、ぼくが働いてる会社のすぐ裏に最近有名なスピリチュアルの江○さんが住んでいるそうです。

オーラ。
編集 / 2007.02.01 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

そのうち書きますね

Author:そのうち書きますね



chooseyourlifeさん宛に動画を投稿する»

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。