スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
タバコ
カテゴリ: 日常
朝5時起床。

で、タバコ。

かつて、アメリカ人の同僚が机の上に置いてあったぼくのタバコの箱を見て一言。

「へー、お前、タバコ吸うんだ。もう少し賢いヤツだと思ってたのに。」


カチーンときましたねぇ。

でも、この感覚って結構アメリカ人には多いみたい。

他にも、レストランを出て外でタバコを吸ってたら、見知らぬ初老のアメリカ人(白人)が寄って来て、

「あんたは私を殺す気か。あんたがタバコを吸っているということは自分の身体だけじゃなく、家族を含め、周りの人にも害を与えているといことを知れ!」

・・・一応、それ以来、タバコできるだけ控えてますよ。そこまで言われりゃ。

日本でもタバコ吸う人が確実に減ってる気がする。

100年後にはタバコって無くなっているのかな。。。

それはそれでさみしいね。
スポンサーサイト
編集 / 2006.11.30 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ピンチ
カテゴリ: 仕事
朝5時半起床。

で、ピンチの時にいつも自分に言い聞かせてる一言。


 ”キツイ時こそ笑え”


きつ。

なので、

ぼくが笑ってるときはキツイ時だと思うのでやさしくしてください。
編集 / 2006.11.29 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
白洲次郎
カテゴリ: 仕事
朝5時起床。今日はそんなに冷え込んでないな。

で、白洲次郎。

経済産業省(旧:通産省)産みの親であり、吉田茂の知恵袋として有名な人。

昨年末、白洲次郎に関する本を読んで好きになった。



No Substitution(代替できないものになれ)。

凄い言葉だと思う。

あとはこれも素晴らしい本。こちらも白洲次郎。



先日書いた「観」と同義だと思っているけど、「プリンシプル」。原理っていうのかな。

イギリスに留学し、海外から日本を見ることで独自の「観」「プリンシプル」を身に着けた白洲次郎。

しかも「観」「プリンシプル」に基づいて行動する。勝手に。でも、確実に。


1985年の今日(11月28日)白洲次郎 83歳で逝去。

彼から見た今の日本、ぼくらはどう映ってるんだろう。
編集 / 2006.11.28 / コメント: 3 / トラックバック: 0 / PageTop↑
リーダーとは
カテゴリ: 仕事
朝6時起床。

で、リーダーシップ。

リーダの役割はシンプルだ。

進むべき方向を明確にし、最初の一歩を踏むことだ。

その際にDifficultとImpossibleの境目を見極める。

ここができてないリーダが多い気がする。

最初からMission Impossibleな仕事、プロジェクトが多くある。

で、お客さんもチームも壊滅する。


本屋に行けばいろんなリーダーシップ論の本が積まれている。

でも、いくら本を読んでも身につかない。

実践こそが全て。


常に難しい仕事を狙っていこう。

今週も、先週よりがんばっていきましょう!
編集 / 2006.11.27 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
キャッチフレーズ
カテゴリ: 日常
朝6時起床。日曜。でも仕事。

で、キャッチフレーズ。

なんかキャッチフレーズって英語のほうがわかりやすいなー、ってよく思う。

たとえば

Think Big, Act Small

Think Logically, Act Humanly

Plan Positive, Act Active

Cool Head, Warm Heart

No Pain, No Gain

Great Power, Great Responsibility


で、ぼくのお気に入りは

Don't think, FEEL(考えるな、感じろ) 


ブルース・リー、最高です。

アチョー!
編集 / 2006.11.26 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
カン
カテゴリ: 仕事
朝6時起床。天気はいいけど寒くない?土曜日。

で、カンについて。

数年前に、ふと思い立って自分の行動原則を資料にまとめたことがある。

キーワードは「観」。

全ての出発点はここになるはずだ、と。

人生観、社会観、仕事観、家族観など。

「観」には正解も間違いも無い。

大事なのは誰かの受け売りではなく、自分の頭で考えるということだ。

自分の立ち位置をしっかり持つ。

そうすれば、他人や組織の評価軸に惑わされることもなくなる。

たとえ、道を間違っても、いつでも戻れる拠り所が自分の中にある。


人生を生き抜く上で、この「観」以外にも重要なカンがある。

カン(感)=感性、感受性、感情

カン(勘)=直感、経験からくる第六感

カン(間)=人と人との間、コミュニケーション


観を持ち、感と勘を大切にしながら、間を促進していく。

行動を通じてこの4つのカンを磨き上げていく。

これこそが、人生の目標かもしれない。

と、最近とくに思うのであります。
編集 / 2006.11.25 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
人間らしい配慮
カテゴリ: 仕事
朝5時起床。もう金曜日だ。今週も早かったな。

で、配慮。

あるお客様の社長の名刺を見て驚いた。

名前と役職の印刷の下に点字が打ってあった。

社長に理由を聞いてみると、

「いやー、あるお客様のところにいったら視覚障害者の方がいてさ。
 みんな机の上に名刺をおいていくんだけど、それってすごく残酷だよね。
 何十枚何百枚あったって、その人にとっては意味がないんだから。
 だから、うちでは金かかるのを承知で名刺に点字で名前を打ってるよ」

こういう人間的な配慮、たまらない。
編集 / 2006.11.24 / コメント: 1 / トラックバック: 0 / PageTop↑
湧源性
カテゴリ: 仕事
朝8時起床。昨晩はOfficeでとある会合。
っていうか飲み会。いやー、楽しかった。詳細は書けないけど。

で、湧源性について。

ある本でこんなくだりを見つけた。

----------------------------------------
湧源性の衰退した国家、組織においては、
創造よりも批判が活発になる。
----------------------------------------

そういや、メールの動線から誰がキーマンで、
どこがボトルネックになっているかを分析する
サービスをしている会社があったけど、
ブログやメールの中からキーワードを抽出して
その組織において創造が活発か、批判が活発か評価する
サービスあったら面白いな。

誰かやってみる?
編集 / 2006.11.23 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
NIRO
カテゴリ: 仕事
朝6時起床。

で、NIRO 400 SYSTEM.

知る人ぞ知る高品質オーディオブランドNAKAMICHI。

先日、天才エンジニア中道仁郎(Nakamichi Niro)社長が弊社にやって来た。弟さんの中道理(Nakamichi Osamu)さんとお二人で。突然。

現在、中道さんはniro1.comという会社を経営されている。社長ご自身の名前を会社名、ブランド名にしていることからも品質にこだわるプライドと自信が伺える。

インターネットのみで購入可能ということだが、圧倒的なデザイン、品質、ユーザビリティ、サポートなどあらゆる面でユーザを惹きつけてやまない。

Yahoo!でNIROって調べてみ。すごいことになってるから。

一時間半ほど色々なお話をさせていただいたのだが、楽しくてずっとワクワクして聞きほれてしまいました。

で、なんと翌日、社長と専務の御厚意でNIRO 400 SYSTEMを頂きました。恐縮です。。。



いやー、ぶったまげました。正面にあるスピーカーだけなのに完全に5.1チャンネルのサラウンド立体音声。いくらボリュームを上げても全く音割れもせず、高品質のまま。インターネット上のみでの購入に関わらず返品率が0.3%以下というのもうなずける。

何でも仮に故障するとすかさず代替機が送られてくるそうな。しかも半年に一度ほどバージョンアップのためのチップが送られてくる(有償ですがかなりお安い)ので、新品を買い直さなくても、ずっと楽しめる。

ぼくが一番驚いたのはセットアップの容易さ。メカに弱い私が何も迷うことなくセットして、すぐに音楽が楽しめました。品質だけでなく、ユーザを最優先に考えたモノ作りの姿勢こそがNAKAMICHI、NIROを伝説のブランドにしているのだな、と納得しました。

是非、一度、niro1.comのサイトを覗いてみてください。驚くよ。
編集 / 2006.11.22 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
鳴かぬなら
カテゴリ: 仕事
朝6時起床。なんかすっかり冬みたいな寒さだ。

で、ホトトギス。

昔からよく言われるリーダーシップ像。

信長:鳴かぬなら殺してしまえホトトギス

秀吉:鳴かぬなら鳴かしてみようホトトギス

家康:鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス


つまらん。芸が全く無い。


で、昨日、帰りの東海道線の中で勝手に考えてみた。

・鳴かぬなら一緒に鳴こうホトトギス
 →共感のリーダーシップ

・鳴かぬなら躍らせてみようホトトギス
 →適材適所のリーダーシップ

・鳴かぬなら理由を探ろうホトトギス
 →思慮洞察のリーダーシップ

・鳴かぬなら自分が鳴こうホトトギス
 →自己完結型リーダーシップ

・鳴かぬなら鳴くやつ探そうホトトギス
 →切り替え型リーダーシップ

・鳴かぬならそれも一興ホトトギス
 →悟り系リーダーシップ

で、強いて言えば、ぼくはこんな感じ。

・鳴かぬなら実は剥製ホトトギス
 →俗に言う、バカ、ってやつですね。
編集 / 2006.11.21 / コメント: 1 / トラックバック: 0 / PageTop↑
仕事って
カテゴリ: 仕事
朝6時半起床。眠い。最近、寒いからな。

で、仕事。

言うまでもなく、仕事とは誰かを幸せにすることだ。

誰かが必要としてくれるモノやコトを提供するのだから。

その見返りとして、お客様から

  ありがとうの一言、

  笑顔、

  お金、

  明日へのパワー、

  夢、

  もろもろ

をもらう。

で、結果、ぼくらも幸せになる。


あなたの仕事は誰を幸せにしてますか?

そして、あなたも幸せですか?
編集 / 2006.11.20 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
テレビ復活
カテゴリ: 日常
朝7時起床。ここ2日間ロクに寝てなかったから爆睡だった。
おとといのデトックスの効果もでてるのかな。

で、テレビ。

1ヶ月半ほどテレビ無し生活してましたが、とうとう復活しました。

うーん、なんかしっくりこない。

どうしてもテレビを見ても「CMを見せるための装置」にしか感じない。

だって、こんなに豊富なコンテンツが無料で見られる、っていうのは
全て広告主さんが莫大なお金を払ってくれてるわけで。

実はぼくの実兄もテレビ業界で15年間も制作を担当してますのでコンテンツを一生懸命作っている企画屋さんたちがいるのは理解していますが、業界の成り立ち方が何かしっくりこない。

あと、ここ1ヵ月半、テレビをつけてなかったせいか耳の感度が良くなってるみたいで、なんか超音波みたいのが聞こえる気がする。テレビをつけるとさっきからずっと「キーン」って高周波の金属音みたいのが聞こえる。で、少しイラッとする。

テレビ復活により、我が家の生活がどう変わるかまた様子をみてみます。今日は天気も悪いみたいだし、ずっと家にいることになりそうだしね。

良い週末を!
編集 / 2006.11.19 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
青山でキレイになれ!女も男もデトックス!
カテゴリ: 日常
本日2度目のブログ更新。昨日は充実した一日だったので書くことが沢山ある。

で、デトックス

いやー、実は昨日は世界のCMフェスタのご招待に加えて、某ビューティーチェーン社長様から御厚意で「高級サロンでのデトックス体験」をプレゼントいただいた。通常は女性が対象顧客みたいだけど、今回は特別に。

今回は体験レポートとしてちょっとしっかり書いて見ます。

で、いそいそと南青山へ。

行き先は「BLANCO Well-being labo」

骨董通りからすぐのところにあるのだが、緑に囲まれた閑静な隠れ家的雰囲気。いい感じです。

中に入ると1Fにリラックススペース、地下にマッサージ、スパなどが完備。2Fは美容サロン「BLANCO南青山」になっている。つまり、女性はここでデトックス&リラックス&ヘアメイク、と身体も心も外見も全て美しくすることができる「ワンストップトータルビューティーサロン」だと言える。

入るとすぐに抹茶入り青汁と温かいタオルが。飲みやすい&高血圧に良いらしい。最後にお茶でてくるサロンはあると思うけど、始まる前からこういう心遣いが嬉しいですね。

一段落したところで、スタッフの方に連れて行かれ、「ピュピログラム分析」なる診断を。瞳孔の収縮率を元にストレスレベルや自律神経バランスを測定するマシーンを使って、その日の体調と精神状況からコースをカウンセリングしてくれる。で、わたしの結果はこんな感じ。

疲労レベル:「病的ゾーン」



ヤベ。で、カウンセリングの結果、勧められたコースは、

「頭皮スパ30分+Singnatureコース120分」

早速、2Fに上がり、専門スタッフがクリームで頭皮をマッサージ。親にもこんなに叩かれたことがないのに、というくらい容赦なくマッサージされる。でも、非常に気持ちが良い。通常は一時間くらいのコースで、リンやら乳酸やら脂分やら、やばいくらい出てくるらしい。頭皮は呼吸してるから、そりゃ、悪いものを出すには適切な場所に違いない。

で、次は地下1Fに降り、用意されたリラックスウェアに着替える。

Singnatureコースはこんな構成。

 ・最新マシーン(MEDICON)を使ってストレッチ5分
 ・アクアワークアウト20分
 ・ドーム状の岩盤浴でデトックス(毒素排出)30分
 ・Dメソッドマッサージ40分

今回は2人の専用スタッフがついてくれた。美人姉妹。

いやー、凄かった。アクティビティ4つともヤバイ。

最初のMEDICONなるマシーン。これ、振動する平行板の上に5分仁王立ちするんですが、やばいくらいに揺れる。スタッフ(姉)も容赦ない。「はい、足を伸ばして!目線はまっすぐに!背中はピンと!」自分の腹や尻など明らかに余分な部分に効いてるのがわかる。自宅にあったら絶対に毎日乗る。でも、すごく高価みたいだから断念。

で、ストレッチしたあとは、用意された水着に着替えてアクアワークアウト。今度はスタッフ(妹)の出番。物腰はやわらかいが、要求してくるアクティビティはなかなかに厳しい。水圧を利用して、じっくりワークアウトするのだが、せ、先生、何か心なしか水圧が「強」になってるんですが・・・・でも、終わった頃には心地よい疲労。

で、身体を拭き、次はドーム型岩盤浴へ。今まで他のサロンには行ったことないけど、ここは個人用ドーム型になっているので、衛生的にも非常に清潔。で、ローズマリーなどのハーブも入ったドームの中へ。信じられないくらい汗が出る。まるで自分がチャーシューになった気分になる。あまりにも身体の芯から暖まってきたのでちょっと短めに切り上げさせていただいた。スタッフ(姉)の「この根性無しが!」の視線が痛い(冗談ですよ)。

さ、軽くシャワーを浴び、着替え、最後のアクティビティへ向かう。

Dメソッド。

スタッフ2人がかりで40分マッサージされる。しかし、その内容がハンパない。今まで受けたことのないスタイル。関節を入念に動かしてくれる。指圧&カイロプラクティクス&タイマッサージの進化系みたいな感じ。最後の最後はマッサージ台自体に大掛かりな仕掛けがある。これにもビビッた。これは行ってからのお楽しみってことで。

で、全て終わったところで1Fにあがり、リラクゼーションラウンジでゆっくりとお茶をいただく。えっと名前忘れたけど、激旨い蜂蜜が入ったやつ。ソファでゆっくりとスタッフの方とお話し。

言い忘れたが、ここのサロンはすべて個室形式でのサービスになっているので、他人の目を気にせず、リラックスできます。

そこへ、2Fの「BLANCO南青山」のカリスマ美容師 土屋 雅之さんを紹介いただく。土屋さんはあのスーパースター新庄選手のヘアメイクも担当されてるらしい。で、土屋さんから全国の女性へキレイになる秘訣を聞いた。



おかげさまで非常にリラックス&リフレッシュできました。
スタッフの皆さん、社長、本当にどうもありがとうございました!

最後に一言。

女性が自分のために当サロンに通うのも良いですが、お値段もそれなりにしますので(120分2万円。経験してみたら妥当だと納得できますけどね)、是非、彼氏や旦那様に連れてきてもらいましょう!今年のクリスマスプレゼントや記念日のプレゼントの一つとしておねだりすべし!
男性もネックレスやら指輪やら高級レストランもいいですが、こういうプレゼントもなかなか粋だと思うので、是非。「自分のためにもキレイになってね」みたいな。

わたしが感じたのはデトックスって女性のためのものだと思ってましたが、実は男性にも必要だな、と。ストレス、寝不足、食事のアンバランス、アルコール、頭皮へのダメージなどなど。キレイになるためっていうより、ホントに身体の中の悪いもの、出さないとまずいっす。
今後、当サロンが男性にもサービスを展開していくかはわかりませんが、是非連絡してみてください!カップルでの利用などなら要相談かも。銀座や六本木のオネーチャンと飲むためにお支払いする金額に比べたらはるかに安く、かつリラックスできますから(体力・財力ある方は両立していただいても結構ですが。。。)。

ってわけで長くなりましたが、青山デトックス体験レポートでした!
編集 / 2006.11.18 / コメント: 4 / トラックバック: 0 / PageTop↑
世界のCM
カテゴリ: 仕事
昨日は徹夜!

というのも、NHKで働きつつ、山口県萩市の地域活性化に燃える熱い同志Iから招待状を貰ったので。

"世界のCMフェスティバル in TOKYO"

弊社社長と行って来ました。夜11時からスタートのレイトショー。

スポンサーじゃないのに、わざわざスポンサー用の指定席を用意してくれた。大感謝!

いやー、面白かった。っていうかクレージー。

だって、夜11時から翌朝5時まで世界のCM500本をぶっ続けで観るという企画。1000人の超ハイテンションなやつらが集まったが、時間とともに一人、また一人と脱落していく(ほぼ気絶状態)。

スポンサーから無償提供されたワインやら焼酎やらペリエやら飲み放題。太っ腹ですわ。

主催者のフランス人ブーヴィエ氏とMCを勤めたIのパワーに脱帽。

オープニング&余興の手品はこちら。



私と社長は情けないことに朝3時くらいに気絶しました。。。

来年も楽しみにしてます!
編集 / 2006.11.18 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
中国物流
カテゴリ: 仕事
朝5時半起床。

で、中国の話。

数年前、中国・香港に仕事で一年半ほどいたことがある。

中国経済急成長のダイナミズムを肌で感じることができた
貴重な経験だった。

多くの企業が中国に工場を持ち、また、新たな販路として
ビジネスチャンスをものにしようとしている。

そこで、思わぬ盲点が。

いくらインターネットが発達しても、物流は無くならない。

海外から飛行機や船を使って、部品・製品が運ばれる。

が、実はまだ中国国内では道路が整備されておらず、
路面がデコボコのところが多い。

で、トラック輸送中に電子部品が壊れる。

全て台無し。

国内輸送についての課題がまだまだある。


誰かゲル状のパレットや絶対に壊れない梱包技術作ったら
大成功すると思うよ。

成功したいやつは、まずは中国へ行くべし!


あ、その前に予防接種打っていってね。

A型肝炎、B型肝炎、破傷風、日本脳炎、狂犬病。

それぞれ×2なので、10本ですね。

腕、穴だらけ。
編集 / 2006.11.17 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
美しい国
カテゴリ: 日常
朝5時起床。さむいー。やっと体調よくなってきた。

で、カリフォルニア時代の友人のK。ぼくと同い年。

彼は大手新聞社に勤めているが、同時にこんな活動もやっている。

元気JAPAN

故郷栃木県の地域活性を軸に、日本全体を元気にしようとしている。

誰かに頼まれたわけでもなく。大真面目に。

彼の強い志と卓越した行動力に賛同する人は多い。
既にメーリングリストも100名弱。
大手企業に勤めてる人だけでなく、内閣官房やら官僚、
ITベンチャー、地元で働く人々など多様な顔ぶれ。

ファッションデザイナーの山本寛斎さんの目にも留まり、
Kの志(=武士の心と書く)に賛同し、
「お前はオレの義兄弟だ」発言が出る始末。

安倍首相が言う「美しい国 日本」。

政治家の方々が票集めを狙い、ソロバン弾いて
綺麗なスローガンを言っても、会議室に虚しく響くだけ。

行動するやつらがいる。行動こそが全てを変えると信じてる。

直木賞作家の山本一力がこう言ってた。
-----------------------------------------
「やりたいと思っているんだけど」
そんなんじゃ思い続けて一生終わるよ。
「チャンスがきたら、やってみたいと思います」
そんなんじゃ死ぬまでチャンスなんかこねぇよ。

両方とも、「やります」じゃねぇだろ。
やるヤツはやるうえに、やり続けてるんだ。
成功しても、まだやり続けてる。

やりたいことがどうのこうのじゃない。
やることの大事さを知ってるからだ。
-----------------------------------------

Kの行動は絶対に実を結ぶと確信している。

そういや、彼の名前もケン(賢)だ。

この3日間のブログにでてきた3人のケンさん。

カッコ良過ぎです。
編集 / 2006.11.16 / コメント: 1 / トラックバック: 0 / PageTop↑
謙さん
カテゴリ: 仕事
朝5時半起床。

で、今日は昨日の健さんと漢字違いの謙さん。

--------------------------------------
チャレンジすることは素晴らしい。
チャレンジするたびに、実行するたびに、
多くを知り、発見がある。
早く、次のチャレンジがしたい。
--------------------------------------

2度目のヨット単独世界一周を成功した日に
冒険家 堀江謙一が語った言葉である。

御年66歳。

やり遂げても、成功しても、まだこの意気。

健さん、謙さん、素敵すぎます。
編集 / 2006.11.15 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
青山で酸素を吸え!
カテゴリ: 仕事
初の1日2度ブログ更新。

いや、ヒマってわけじゃないんですけど。

オフィスから少しいったところに酸素カプセルあったので
入ってきました。



いやー、店も綺麗だし、定員さんも親切&丁寧。

カプセルに入って60分。微妙な圧力がかかりながら高密度の酸素が送り込まれてくる。毛細血管まで酸素が入り、血流がよくなるので頭痛や肩こり、疲れに効くらしい。

以前は銀座のお店に行ってたのだがオフィスが移ったので、これからはこちらの青山店を利用させていただくことにしました。

カプセルでたっぷり酸素を吸った後は、マッサージチェアで15分間。これが、機械とは思えないヤバイ動きをするんですわ。まじで、そこら辺の下手なアマチュアマッサージ師の100倍気持ちいい。

で、最後はおしぼりと温かいお茶を頂く。

クリエイター、デザイナー、金融系、システム系、テレビ系の人など目の疲れや肩こりひどい人にお勧めです。

銀座店でも実は相当数のお客様を紹介しました。
ぼくは自分が気に入ったものは勝手に営業しまくるタイプなので。
伝説の営業部長と言われてます(笑)

表参道駅から一分なので是非どうぞ。
編集 / 2006.11.14 / コメント: 0 / トラックバック: 2 / PageTop↑
健さん
カテゴリ: 日常
朝6時起床。昨日は飲みがあり、Officeに泊まった。
お陰で朝7時から仕事ができる。ラッキー。
でもやばいな、この利便性は。今日は絶対に家に帰ろう。

で、ちょっと前に雑誌でこんな言葉を見つけた。

-------------------------------------------------------
僕はすぐに甘えちゃうから、厳しいところをどんどん選ぶんだ。
自分を磨くってことは痛いよ。だって削っていくんだもん。
芯しか残らないんだよ。
でも、やるぞって思ったら、その時しかないんだよね。
いろいろ言っているうちに、みんな年を取って死んでいく。
時間は意外とないものですから、飛び出していかないといけないね。
-------------------------------------------------------

日本を代表する名優 高倉健さん。

74歳でこの言葉です。。。。
編集 / 2006.11.14 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
感受性くらい
カテゴリ: 日常
朝5時起床。昨日は寝れなくて朝1:00に一度起きて、
3:00くらいまで仕事。で、2時間仮眠して、朝を迎えた。
すっかり寒くなったね。

で、感受性について。

今年の2月19日に逝去した詩人 茨木のり子の詩。
------------------------------------------------
「自分の感受性くらい」

ぱさぱさに乾いてゆく心をひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを暮らしのせいにはするな
そもそもがひよわな志にすぎなかった

駄目なことの一切を時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ

(1977年 発表)
-----------------------------------------

最近、年をとり、忙しさを理由に大事なものを後回しに
してきた自分にとって、この詩は胸に刺さります。

この冬、今まで読んだことのない詩人の詩集でも買って
読んでみよう、と思います。

あ、その前に当然、うまいモノは食いますよ。

だって、ほら、冬だから。

牡蠣、愛してます。
編集 / 2006.11.13 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
そういや頭痛
カテゴリ: 日常
朝6時起床。

そういや、頭痛。

1ヶ月前に酔っ払って、自転車から3回連続でこけて
3回連続で同じ部分を痛打した。

ピンポイント。

しかも側頭部。

深夜帰宅して、ソファでそのまま寝たのだが、
朝起きたら、血がこびりついてた。

で、ずっとずっと頭痛があったのだが、2週間ほど前に
やっと健康保険に加入したので、病院に行った。

レントゲンやらCTスキャンやら物々しい。

結果。

問題ナシ。

でも、なんか脳の形が変だった。左右のバランスが。。。
形もなんかちょっと違うような。。。

女性の担当医に聞いたけど、笑うばかり。
人の脳みそ見て、笑うか、普通?

やっぱり、生まれた時の酸素不足が影響してるのかもしれない。
編集 / 2006.11.12 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
世界の陰謀
カテゴリ: 日常
朝8時半起床。今週はよく仕事し、よく飲んだ。

で、小学校の頃の話。

小学生のころ、一時期、お昼にみんなでご飯を食べるのが
どうしても嫌な時期があった。

昼12時に日本中の人が一斉にご飯を食べているのが
どうしても何かの世界的な陰謀な気がして。

たった一人でも抵抗するぞ、と勝手に廊下を歩き回っていた。

誰も居ないランチタイムの廊下。
にぎやかな声が教室から遠く聞こえてくる。

ぼくは一人廊下を歩いていた。

数週間すると、ぼくに追随するやつらがでてきた。
その瞬間、ぼくの抵抗は終わりを告げた。

この頃から天邪鬼の性格が本格的に芽生えたのかもしれない。


最近、3歳の息子がぼくに似てきた。

こいつ、きっと苦労するだろうな、と思う。
でも、人生を思いっきり楽しめよ、とも願う。

横で妻が苦虫を150匹くらい噛み潰した顔で
ぼくを睨んでる。


コワイ。
編集 / 2006.11.11 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
大人の思春期
カテゴリ: 仕事
朝5時半起床。

で、大人の思春期。

誰かが言ってた。

「30台は大人の思春期。大いに悩むべし」

・・・なるほど。


しかし、同時にこんな事実もある。


大前研一は入社2年目32歳で「企業参謀」を書いた。

カルロスゴーンは35歳でミシュランの北米社長になった。

坂本龍馬は32歳で薩長同盟を作って日本を変えた。



やべ。

思春期終了。
編集 / 2006.11.10 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
セルフモチベート
カテゴリ: 仕事
朝5時半起床。

で、セルフモチベートの話。

自分を鼓舞(モチベート)できない人が他人を鼓舞できるはずがない。

キツイ時こそ、セルフモチベートの精神で。


ソフトオンデマンドの高橋がなり前社長の言葉。

 「キツイときはやめるな。楽になったらやめろ」

正解だと思う。


運動をしたことがある人ならわかるだろう。

キツイ時のさらにもう一歩が自分を強くする。


ビジネスも一緒だ。

キツイときこそ諦めない。


もう一歩先へ。
編集 / 2006.11.09 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ファッションデザイナー
カテゴリ: 日常
朝6時起床。

で、ファッションデザイナーの話。

大学時代からの親友JTがいま、原宿で展示会をしている。





13年前、22歳だった彼は大学を卒業した後、独りパリに渡り、
修行し、自分のメゾンを立ち上げた。
パリコレも東コレも10回以上行なった。
2年前、10年間暮らしたパリを離れ、恵比寿に新たなアトリエを
構えた。なぜか彼が住むとどこでもパリっぽい雰囲気になる。

シャネルやらプラダやら、有名なメガブランドの類ではない。
しかし、プロのスタイリストを中心に、服を愛する人達にとって
知る人ぞ知る、小さい宝石のようなブランドの一つだと思う。

そして、ぼくは確信している。

彼は間違いなく、日本のマルタン・マルジェラだ。

有り余る才能
誰とも違うデザイン
丁寧で妥協のない仕事
諦めない情熱
卓越した人間力

彼はいつの日か間違いなく成功する。

何故か。

彼は成功するまで、納得するまで、服作りを
止めないだろうから。

彼が止めない限り、そのデザインと生き様は
一本のストーリーになり
 そして
いつか伝説と呼ばれる。


興味のある人は是非、一度、彼のアトリエを
覗いてください。そして、JTと語ってみてください。

Cru Classe(レディース)&Dionysos(メンズ)

絶対に好きになるから。
編集 / 2006.11.08 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
人生一度
カテゴリ: 仕事
朝5時起床。すげえ雨だ。

で、知り合いから聞いた話。

少し前に、僕と同い年くらいのビジネスマンが死んだ。

妻と3歳の娘を残して。

娘は告別式が終わった後も、棺桶にすがりつき離れようとしない。

「○○○も、パパと一緒にこのお箱の中に入るー!」

泣きじゃくる娘。

虚ろな目のままの妻。


過労死だったらしい。


彼の生き方について云々言うつもりはない。

でも、彼は誰を幸せにできたのだろう。

彼自身も含めて。


最後に見えた景色はどんなだったろう。




こんな話を聞いた時、この歌を想い出す。

SOFFetの「人生一度」。



詩人 寺山修司は言う。

「人は死ぬべき時に死ぬんじゃないんだ。

 その時が来たら、ただ、死ぬんだ。」


その時は、いつ来るか、わからない。

だから、今を、一瞬を、生きる。
編集 / 2006.11.07 / コメント: 1 / トラックバック: 0 / PageTop↑
酸素
カテゴリ: 日常
朝5時起床。またまた月曜だ。
いやー、まさに、time flies.
異常に早い。

で、実はぼくは東京の広尾生まれである。

っていっても広尾病院で生まれただけだけど。

現在のガラの悪さはその後、校内暴力で吹き荒れる80年代の
川崎で育ったせいだろう。

実写版積み木崩し。

で、話はさかのぼり、ぼくは生まれた時、
ヘソの緒が首にまきついてて仮死状態だった。

部屋内の誰もが、「あー、この子はダメだったね。。。」と
肩を落としていたところ、時間差でいきなり「オギャー!」と
泣き叫んだらしい。

大復活。

母は今でも
「あの仮死状態の間に酸素が脳にまわってなかったのが、
 いまでも後遺症に残っている」
と信じて疑わない。


そんなぼくも年齢だけは大人になりました。

今では定期的に酸素カプセルに入ってます。

http://www.air-press.com/ginza.html


誰か、今度、酸素おごってください。

二酸化炭素でお返ししますから。

逆光合成。
編集 / 2006.11.06 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
マグロ結婚式
カテゴリ: 日常
朝8時起床。だいぶ遅い。明日からまた戻さないと。

昨日はカリフォルニア時代の友人の結婚パーティ。

いつも明るく、ポジティブなオーラを放っている彼に
ふさわしい、さわやかで楽しいパーティだった。

昔からマグロの中卸をしている老舗の若旦那の彼らしいパーティ。

だって、マグロ入刀だもん。



他にもこんな感じ。

・ド派手なパーティ会場概観

・新郎らしいセクシーな会場スクリーン

・鏡割り 

・板長のスーパーマグロギャグ
 
200名を超える友人が集まった。
全ては彼と新婦の人望の厚さを物語る。

70Kgの生の本マグロは会場でもちろん、無料で振舞われた。
最高にうまいマグロの刺身と鮨。間違いなく、史上ベストでした。

ご馳走様でした!

そして、末永くお幸せに!
編集 / 2006.11.05 / コメント: 0 / トラックバック: 1 / PageTop↑
避けなきゃいけない
カテゴリ: 仕事
朝5時半起床。土曜日でも油断はできない。

で、避けなきゃいけない人について。

アメリカで会社を2社経営する敬愛すべき女同志Sが
以前言ってた言葉。

「ねえ、S(ぼくの名前)、あの人と会うのあまり良くないと思う」

「なんで?」

「あの人、運が悪すぎる」


運気が悪い人ってたまにいる。

いつもトラブルを抱えてる。
で、いつも文句を言ってる。
ネガティブ光線1000%。
周りに負の、陰のオーラを撒き散らす。

これはいけません。

逆に常にポジティブのオーラを放っている人がいる。

会うだけで元気になる。
近くにいるだけで、パワーがでてくる。
その人に認められたくて、がんばりたくなる。
そういう人に共通しているのは一点。

いつも、前向き。

ポジティブなことしか言わない。
先述の女同志Sはこのタイプだ。

問題が起きても文句を言う前に解決する道を探す。
その人のことを思い出すとしかめっ面よりも笑顔が多い。

自分をポジティブに保つためにも
できるだけ運を落とす可能性のある人には
近づいてはいけない。


最初の一歩として、ぼくは雑誌の裏表紙で宣伝している
強運の石やらブレスレットやら買い揃えてみます。

http://www.my-pws.com/power-stone/kinun07.html

みんな、寄って来てー、きゃー。
編集 / 2006.11.04 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
俳句
カテゴリ: 日常
朝6時半起床。週末なのでちょっと遅め。今日から3連休。
かなり嬉しい。久々にちょっと身体と精神を休めよう。

で、俳句。

20年近く前に新聞に投稿されてた、ある句が忘れられない。


  「犯人の 名前に見える 親の夢」


殺人犯の名前が「優(まさる)」とか「正義(まさよし)」とか。

親は子供の誕生を祝い、精一杯の希望を込めて名前をつける。

でも、子供の未来までは保証できない。


いつもニュースを見るたびに被害者の心情もさることながら
犯人のたどってきた生き様や名前をつけた親の気持ちを考える。

つらいね。
 

そういや。

小学校の頃、緑化週間の俳句を募集してて、当選したことがある。

  「雨上がり 緑の雫(しずく)に 映るぼく」

県から優秀賞として表彰されたのだが、実は家で母の協力も得て
考えた句なので、選ばれたのがなんだかズルしてるみたいで
恥ずかしくて、結局表彰式をブッチした。

翌日、先生に怒られた。

懐かしい、ホロ苦思い出。
編集 / 2006.11.03 / コメント: 3 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

そのうち書きますね

Author:そのうち書きますね



chooseyourlifeさん宛に動画を投稿する»

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。