スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
君がオヤジになる前に
カテゴリ: 日常
で、6時起床。昨日は珍しく、家で一人で深酒。でもミックスせずにウィスキーのみだったので二日酔いは無し。

朝からしっかりご飯、アジの干物、納豆、味噌汁を食べたところ。

で、おととい、iPhoneアプリでダウンロードして、読み終えました。



ホリエモンの著書である。内容はあまり期待してなかったけど、表紙が漫画「カイジ」「金と銀」の福本氏だったので思わず買ってしまった。

が、読み始めて思ったよりもよくできてることに気づいた。

まずiPhoneでさくさく読める構成になっている。iPhoneの画面で500ページくらいだけどほんとに一人で夕食しながら一気に読み終えることができた。3時間ちょいってところか。もともと複文、重文が少なくてどの章も、行も非常に読みやすい。速読に適している。ホリエモン自体が「できるだけ短時間で読者にとって多くのインプットが得られるように心がけた」というのがよくわかった。

ちなみにこのタイトルにある「オヤジ」とは仕事であれプライベートであれ自分の人生をより良くすることを諦めた人を指す。よく「もういい歳なんだから大人になれよ」と言われるが、それはオヤジになってしまうこととは違う。ホリエモンが自分の価値観、短所としてもう少し他者を思いやる「包容力」が必要だ、と自己分析しているところも好感が持てた。

この本の中で述べられている主張自体は全てが納得できるものではないけど、様々な価値観という意味では一読の価値はあると思う。

紙で読むのはあまり薦めませんが、iPhone持っているかたは是非、電子書籍入門としてiTunesでのぞいてみてください。




スポンサーサイト
編集 / 2010.12.09 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
フルーツ
カテゴリ: 日常
昨日おくさんが買ってきたお土産。

001-cakef.jpg

渋谷西村フルーツパーラーのケーキ。ケーキっていうかほとんどフルーツそのもの。

昔はそんなに好きではなかったけど、ここ数年急にフルーツ好きになりました。

そのうち自宅で何か育てたいけど、まずは熱帯地方に引っ越すかな、、、、、


編集 / 2010.09.14 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
スペイン放浪時代の友人たちと
カテゴリ: 日常
朝6時起床。今日は台風近づいているとのことでちょっと怪しい天気。

で、昨日は久々にスペイン放浪時代(95-96年)の友人たちと銀座でお食事。ぼく以外の3名は女性。男1人の食事会は久々だ。やはり女性が幹事の飲み会はお店の趣向も変わる。稲庭うどんや比内地鶏など秋田料理のお店。

★銀座 佐藤養助

001-hinai.jpg

002-tataki.jpg

003-udon.jpg

どの料理もおいしくいただきました。とくにうどんは秀逸ですね、写真はありませんが、1人前の比内地鶏の水炊きもいただきました。夏の鍋もいいもんです。

4人でいろいろな話をしました。昔話や最近のそれぞれの生活、スペイン事情などなど。普段、仕事関連の飲み会が多いので非常に新鮮で楽しい時間を過ごさせて貰いました。

昨日集まった女性人の一人はすでに在スペイン15年(ぼくらと現地で知り合ったころから、結婚してずっとスペインに住んでいる)。気づいたら、バルセロナでも超有名な日本料理屋を旦那と、彼女の弟夫婦で経営している、とのことであらためてビックリ。たしかにネットで調べてみたら、「バルセロナで一番おいしい和食」「欧州一のうまい鮨」など賞賛の嵐。バルセロナFCの選手やバルセロナ市長まで来店しているそうで、しかも予約で一杯だからと断ったり。今回集まった女性友達2名も何度かお店に行っているらしく絶賛してました。店は大繁盛してて予約必須とのことですが、是非バルセロナに行く方は行ってみてください!(「旬香」と「恋旬香」という2店舗を経営してるみたいです)

★恋旬香

で、なんと昨日のメンバの一人である女友達が今日からスペインへ旅行するらしい。バルセロナはもちろん、巡礼の地サンチアゴ・デ・コンポステーラへ行くとのこと。もうひとりの女友達も今月末から3ヶ月くらいスペイン&ポルトガルの各地を転々とするらしい。みんなもう40歳+αなのにパワフルです。

元気のない国ニッポンですが、やっぱり女性のほうがバイタリティありますね。

若い男子の皆さん、草食系とか言ってる場合ではないですよ!

と、元肉食系中年代表として、かつての自分を思い出しながら、あらためて自分に喝を入れ直します。

編集 / 2010.08.12 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
久々に大量購入
カテゴリ: 日常
ここんところほとんど本を読めてなかったので久々のAmazonでの大量購入。また、ジャンルが偏ってるけど、、、、



最後のホリエモンの「拝金」はiPhoneアプリとして買ってみた。iPhoneでの読書は初めてだったけど、予想以上にさくさく読める。繰り返し読む気にはならないけど、軽めの小説だったらありだな。今回買ったほかの200ページを超えるようなビジネス書はiPhoneでは読む気にならんけど、、、

今週も仕事がなかなかに山場。こういうときこそ視野を大きく持てるよう細切れの時間に本を読むようにしたいと思います。

良い週末を。
編集 / 2010.08.08 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
やり続けること
カテゴリ: 日常
先週は結構ばたばたしてたので今日はゆっくりさせてもらってる。

で、日経新聞私の履歴書の下村脩さん(2008年ノーベル化学賞)が今日で終わったが、非常に示唆に富むものだった。記憶に残る2つを自分のためにも備忘録として書いておきたい。

下村教授は言う。

 「仮にGFPを私が発見していなかったとすると、代わりに誰かがGFPを発見していただろうか。そんなことは考えられない。仮にそんな予測があったとしても、それを確かめるためには、そのたんぱく質を検出する方法を考案し、(中略) それは膨大な仕事で、誰もやらないだろう。ということは私が発見していなかったら、誰もGFPを発見していないであろう。」

なんという自負、徹底力。膨大な時間と情熱を注ぎ続けることの尊さ、そして難しさを心の底から知り尽くしている人の言葉だ。

 そして、今日の最終回から。

 「「やりたかったことをやっていて行き詰ったらどうするか」と聞かれたこともある。この質問の真意が私にはよくわからない(中略)あらかじめ、予定されている成功などないのだ。日本の若いひとたちに重ねていいたい。がんばれ、がんばれ。物事を簡単にあきらめてはだめだ。」

朝から思わず涙ぐんでしまった。この人は長い間、ひたすら一人で努力をし続け、ノーベル賞という成功をおさめてもまだ挑戦し続けている。まだやっている。やり続けることを愛している。

かつて作家山本一力も同じことを言ってた。

「「いつかやります」「○○ができたらはじめます」そんなこと言ってる場合じゃねえだろう。やってるやつはすでにやってるし、成功してもまだやってる。やり続けてる。そんなやつらにかなうわけねぇだろう」

どんなことでも、成功するための方法はただひとつ。結果がでるまで続けることだ。やってみる、うまくいかない、別のやりかたでやってみる、それでもうまくいかない、もう一度考えてやってみる、少しだけ前よりも進む、さらに推し進める。昨日よりも、今日、今日よりも明日。1ミリづつでも前に進み続けることを諦めなければ、いつしかとんでもないところまで自分が辿り着いている事に、ある日気付くはずだ。

やる前からあきらめる、やってもすぐにあきらめる、努力もせずにお手軽な成功がどこかから誰かから降って来ることを期待する、そんな弱虫にはならないよう、常に継続することの大切さ、自分で動くことの楽しさと尊さ、実際にやっている人への尊敬を忘れないようにしていきたい。そういや、企業だって、Going Concern(継続企業)っていうくらいだもんな。

やり続けるために、あきらめないためにも、時には休息が必要。


今日明日はしっかり休んでまた月曜日から続けます。


よい週末を!

編集 / 2010.07.31 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

そのうち書きますね

Author:そのうち書きますね



chooseyourlifeさん宛に動画を投稿する»

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。